AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「ARGO(アルゴ)」

TOP > AR基礎知識 > AR用語集|ホーム > AR用語集|AR

AR



ARとは、英語の「Augmented Reality」を省略した言葉で、「拡張現実」と訳されます。

普段目で見ている現実世界の中に、さまざまなデジタル情報を加えて、まるで本当にそこにあるかのようにみせる技術です。 画像や読み込まれた現実世界の空間を認識して現実の映像とデジタル情報を合成した映像をリアルタイムにディスプレイ上に表示し、目の前に広がる現実世界を仮想的に拡張します。

ARの説明「ARデバイスを利用する男性」

ARはスマートフォンやタブレットのカメラなどデジタルデバイスを通して情報が追加されます。近年では、ARグラスやスマートグラスといった視界がふさがれず、現実世界とARを重ね合わせることのできるオープンなデバイスも開発されています。スマホ等でのAR体験に比べてARグラス・スマートグラスでのAR体験は、ARの投影時に両手が空くため作業が行いやすく、ビジネスシーンでの活用が進んでいます。

AR技術は1990年に生まれ開発されてきました。2016年頃にARを使った位置情報ゲーム「Pokemon GO」が大ヒットしたことでAR技術は浸透し、現在、さまざまな場面で活用されています。 このようにAR技術は主にゲームなどエンターテインメント分野で活用されていますが、ビジネスシーンにおいてはカタログや書籍などで情報を補足するために使用されたり、スタンプラリー機能などで周遊効果を得るために使われたり、ビジネスシーンにおいてはメンテンス業務の効率向上にも役立っています。

近年では専用ソフトウェアや専用アプリなどを使用せず端末に標準搭載されたカメラ・WebブラウザなどでARを楽しめるウェブARもあります。

ウェブAR


COCOARバナー画像

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

CATEGORY

 

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談