AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

AR機能も搭載!日本向け「マイたまごっち」が配信開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

AR機能が実装されている、たまごっちの新作アプリ「マイたまごっち」が2021年11月23日(火)にリリースされました。AR機能を使うと「マイたまごっち」のキャラクターが現実世界に登場します。本アプリは2018年より海外向けに配信されており、日本語版は今回が初リリースです。

「マイたまごっち」には、ARで隠れているキャラクターを見つけるかくれんぼミニゲームが用意されています。現実世界でたまごっちと交流できる、ファンにとってもうれしい特典です。AR機能はApple用のARKitとGoogle用ARCoreに対応した機種で利用可能とのこと。

「マイたまごっち」とは

本作はバンダイナムコエンターテインメントが海外向けに提供している「マイたまごっち」の日本語バージョン。すでに英語のほか、フランス語やスペイン語、ドイツ語、イタリア語などさまざまな言語で配信されています。

ゲームでは、たまごっちをお世話して進化を楽しんだり、ミニゲームで遊んだり、自分だけの「たまごっちタウン」を作ったりできます。

AR機能を実装「マイたまごっち」

出典:バンダイ公式サイト

海外向けの「マイたまごっち」をApp Storeで確認すると、評価件数20.3万件、星4.6と高い数値となっており、その人気ぶりが確認できます。

たまごっちは1996年の発売以降、国内外問わず展開しさまざまなサービスを提供。2021年6月に誕生25周年を迎えました。腕時計型の最新機種「Tamagotchi Smart(たまごっちスマート)」を発表した際は、タッチ液晶を採用し、スペシャルサポーターにガールズグループ「NiziU」を採用するなど、時代に合わせたさまざまな試みをしています。

ARGO編集部のひとこと

2次元をメインとしたコンテンツの中にARを活用し3次元の要素を加えることで、メリハリが付けられ、ゲームの面白さを加速させる効果が期待できます。人気タイトルにAR要素を加えて、アプリゲームとしてリリースする事例は多く、有名なものにポケモンGOピクミンブルーム、ドラゴンクエストウォークなどがあります。

INFO

ARアプリ「マイたまごっち」

関連リンク

  1. ネットで発見!!たまごっち公式ホームページ | バンダイ公式サイト

関連記事

ARアプリ「ピクミン ブルーム」

ピクミンと一緒にお散歩を楽しもう!ARアプリ「ピクミン ブルーム」の配信スタート

ARを使う人気ゲーム「ポケモンGO」

ARを使う人気ゲーム「ポケモンGO」が5周年記念イベント「Pokémon GO Fest」を開催!

ARでパンダと撮影 スタンプラリー日立市

ARでパンダと撮影できるスタンプラリー日立市で開催!楽しみながらパンダについて学べる


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談