AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

「AR雪哉」で遊んでプレゼントをもらおう! 人気小説・八咫烏シリーズの新刊発売記念企画がスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人気キャラクター「雪哉」のARで遊べるキャンペーンがスタート。「雪哉」は、阿部智里さん著・シリーズ累計150万部を超える小説「八咫烏シリーズ」の人気キャラクターです。

等身大のAR雪哉と撮影する「楽園の烏」著者の阿部智里さん

出典:株式会社 文藝文秋 詳細ページ

彼も登場するシリーズ最新刊「楽園の烏」の表紙(書影)をARアプリ「COCOAR」をダウンロードしたスマートフォンでスキャンすると、現実世界に雪哉が出現。等身大の彼とツーショット写真を撮影することも可能です。

書き下ろしのイラストは全部で4パターン。座ったり、空を飛んだり、頭にちょこんと烏を乗せたりと、かわいいAR雪哉とさまざまなシーンで撮影を楽しむことができます。

また、新刊発売を記念してTwitterと連動したプレゼントキャンペーンも実施。AR雪哉と撮影した写真に「#雪哉といっしょ」とつけてTwitterに投稿すると、「八咫烏シリーズ」の特製ポストカードを抽選で100名様にプレゼント。シリーズのカバー画を担当する注目のイラストレーター・名司生さんが書き下ろした美しいイラストが9枚1セットとなっています。

なお、プレゼントキャンペーンの期間は2020年9月2日~9月30日までとなっていますが、キャンペーンの終了後も2020年12月2日までARで遊ぶことができます。

ARGO編集部のひとこと

文芸小説とデジタルは一見、相性があまり良くない印象もありますが、近年は電子書籍が浸透したことにより、スマホやタブレットで書籍を読むことが一般的になりました。それにともない、販促やキャンペーンなどもデジタルを活用した方法が多くなっています。ARなどの技術を活用することで、著者が伝えたい作品の世界観をよりに読者にイメージしてもらいやすくなるといえるかもしれません。

INFO

ARアプリ「COCOAR」

関連リンク

  1. 八咫烏シリーズ 特設サイト

関連記事

旭川市の三浦綾子記念文学館で作品解説を担当するARキャラクター「レイ」

2022年の三浦綾子氏生誕100周年に向け、同氏の記念文学館がARアプリをリリース

10台のAR/VR機器が導入された中国江西省南昌市にある江西省図書館新館"

AR/VRで読書活動を推進、ハイテク化する中国の図書館

AR付きオリジナル絵本・イケダコウスケの著書「雨あがりの空に~make smile~」の表紙

絵本作家・イケダコウスケ氏とコラボ!AR付き絵本が発売


COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION