AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

TOP > MEDIA > ARニュース > ピクシブが、3D空間やARでキャラクターと写真が撮れるスマートフォンアプリ「VRoidモバイル(ブイロイド・モバイル)」の配信を開始

ピクシブが、3D空間やARでキャラクターと写真が撮れるスマートフォンアプリ「VRoidモバイル(ブイロイド・モバイル)」の配信を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ピクシブ株式会社は、3Dキャラクターモデルを作成し、3D空間やARでキャラクターと一緒に写真が撮れるスマートフォンアプリ「VRoidモバイル(ブイロイド・モバイル)」の提供を発表しました。 アプリは2019年7月18日(木)にリリースされます。

オリジナル3Dキャラが作れるアプリ「VRoid」出典:PRTIMES

本アプリはスマートフォン1つで3Dキャラクターを作れるほか、撮影時にボケ加工(被写界深度)が変更できるカメラ機能と豊富な画像加工フィルターを搭載しているため、誰でも簡単に「エモい」写真が撮れます。

撮影モードは2種類あり、現実世界に3Dアバターを呼び出して写真が撮れる「AR撮影モード機能」と、アプリ内にある3D空間で自由に写真が撮れる「3D空間撮影モード」から選べます。

「AR撮影モード」で撮影された数々のイメージ画像出典:PRTIMES

「AR撮影モード」では、ARで表示したキャラクターを好きな場所に動かしたり、表示サイズの拡大縮小、キャラクターと地面の高さの調整などが可能です。 自分の思い描くシチュエーションをキャラクターを通して表現できることも、「AR撮影モード」の特長です。

「3D空間撮影モード」では映画『サマーウォーズ』を舞台にしたステージで写真撮影ができる
出典:PRTIMES

「3D空間撮影モード」では3つのステージが用意されており、「ベントハウス」のほか、映画『サマーウォーズ』に登場する「OZ」・「花札ステージ」があります。

「OZ」と「花札ステージ」は、映画『サマーウォーズ』公開10周年を記念して作られたもので、撮影で実際使用された3Dモデルデータをもとに再現されました。メインワールドである「OZ」と、ナツキとラブマシーンのバトルで使われた「花札ステージ」の2つの3D空間を、自分の3Dキャラクターモデルで自由に飛び回ることができるだけでなく、「OZ」・「花札ステージ」には5つの撮影スポットがあり、『サマーウォーズ』の名シーンを再現した写真が撮れます。

また、7月19日に金曜ロードショーでの『サマーウォーズ』本編ノーカット放送を記念し、映画のある場面を再現したセットでの撮影写真を、本編に合わせて投稿するキャンペーンも行われます。

ARGO編集部のひとこと

AR撮影を通して、まるで現実世界に3Dキャラクターが存在しているような気分が味わえ、より3Dキャラクターへの愛着が湧くでしょう。そんなVRoidモバイルでは、キャラクターメイキング機能の強化や、様々なアバターウェアデザインの提供、撮影用3D空間の追加、AR撮影機能の強化を予定しているとのこと。アプリの運用はまだまだ始まったばかりなので、今後のアップデートに期待したいです。

INFO

ARアプリ「VRoidモバイル」

【ストアURL】App Store(iOS) / Google Play(Android)

【対応OS】Android OS 5.0以上(OpenGL ES3.0以降対応)、iOS 11以上

関連リンク

  1. VRoid 公式サイト
  2. OZ on VRoid特設サイト
  3. ピクシプ株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION