AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

マツダスタジアム、AR機能を利用し球場とファンが一体になるシステムを導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ソニービジネスソリューション株式会社は、株式会社広島東洋カープが運営する「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(以下:マツダ スタジアム)」に、新しい映像送出を発表しました。そのシステムのひとつに、顔認識AR技術が活用されています。

今回納入したのは「ビデオ会議システムを活用した遠隔地からのライブ応援システム」、「顔認識によるメインモニターへのファン投影システム」、「コンコースモニターとの映像連携システム」の3つです。

「顔認識によるメインモニターへのファン投影システム」を導入したソニービジネスソリューション株式会社

出典:ソニービジネスソリューション株式会社

そのうち、「顔認識によるメインモニターへのファン投影システム」にて、顔認識AR機能が取り入れられています。マルチパーパスカメラ2台を使用し、観客席にいるファンの様子をメインモニターに投影。顔認識機能との連携により、多数のファンの表情を素早く捉えられ、さらにメインモニター内に多分割表示できます。

そのほかにも、ARを利用して手の動きに合わせたボールのアニメーションや、オリジナルの枠デザインを付加することが可能。試合やイベントごとに個別の演出効果も行えるとのことです。

ARGO編集部のひとこと

本システムは「ファンや選手1人ひとりに寄り添う映像演出」をコンセプトに、演出を企画したそうです。AR技術による顔認識機能は非常に優れているため、まさに広島東洋カープ株式会社が掲げる理念を実現できそうです。このようにAR技術を取り入れることで、球場にも一体感が生まれ、観客の満足度も高まります。

INFO

関連リンク

  1. ソニービジネスソリューション株式会社
  2.  広島東洋カープ株式会社
  3. ソニービジネスソリューション株式会社 プレスリリース

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION