AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ロイヤルフィッシュの名産地!愛知県豊根村にてARスタンプラリー「とよね村ぐるっとクイズラリー」が開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019年12月21日(土)からARを活用したイベント「とよね村ぐるっとクイズラリー」を愛知県豊根村で開催しています。実施期間は2020年2月24日(月・振休)まで。

「とよね村ぐるっとクイズラリー」で出現するARオリジナルフォトフレームとオリジナル壁紙

対象ポイント3ヶ所(茶臼山高原スキー場、道の駅・豊根グリーンポート宮嶋、湯~らんどパルとよね)に設置されているARパネルにARアプリ「COCOAR2」をかざすと下記の2通りの楽しみ方ができます。

①クイズでオリジナルフォトフレーム
地元にまつわるクイズが掲載されたパネルの正解だと思うイラストにスマホをかざします。クイズに正解するとそれぞれ違ったオリジナルフォトフレームがあらわれます。

②豊根村スタンプラリー
茶臼山高原スキー場、道の駅・豊根グリーンポート宮嶋、湯~らんどパルとよねの3か所でパネルに掲載されているマーカーを読み込み、スタンプを集めます。3か所すべてコンプリートでスマートフォン用のオリジナル壁紙がプレゼントされます

「とよね村ぐるっとクイズラリー」で出現するARオリジナルフォトフレームとオリジナル壁紙

出典:愛知高原・奥三河ベース

担当の愛知県地域振興室・山田ちづるさんによると、本企画は人口減少が進む愛知県の山間地域への誘客促進のために始めたそう。子供連れのファミリーや若い人に楽しんでもらえるような企画にしたいという思いからスマホアプリでのAR活用を選択しました。「フォトフレームは3か所それぞれデザインが違うため、思い出を写真で残しながらそれぞれの場所を楽しんでいただければ」とのこと。

愛知県では、過疎化が進む三河山間地域(※1)の活性化を図るべく、今年度から「あいちの山里関係人口創出事業」を行っています。 2019年10月には芸人のはなわ監修で、「愛知高原・奥三河の唄」も作成しました。※三河山間地域とは、岡崎市(額田地区)、豊田市(旭、足助、稲武、小原、下山、藤岡の各地区)、新城市、設楽町、東栄町、豊根村を指します。

2020年1月現在、「愛知高原・奥三河ベース」HPでは「とよね村ぐるっとクイズラリー」のwebチラシを配布中。本イベントの紹介に加え、地域の名産物「ロイヤルフィッシュ(チョウザメ)」を食べられるお店を掲載しています。

ARGO編集部のひとこと

ARスタンプラリーは、特定の地域・観光地を回遊させる施策としてとても有効です。集客促進だけでなく、ログ解析機能などもあり、登録したARがユーザーにどれだけ見られているのか分析することが可能です。イベントの効果測定としても活用できます。また、本企画のように場所ごとに異なったデザインのフォトフレームを設定することで、その場所だけの特別感を出すこともできます。

INFO

イベント情報「とよね村 ぐるっとクイズラリー」

開催期間:2019年12月21日(土)~2020年2月24日(月・振休)

場所:愛知県豊根村

参加費:無料

関連リンク

  1. 愛知県
  2. メ~テレ愛知高原・奥三河ベース

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION