AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

映画「男はつらいよ」の登場人物に会えるAR謎解きラリーが登場!開館25周年を迎えた寅さん記念館がリニューアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

映画「男はつらいよ」の登場人物に出会えるAR謎解きラリーが「葛飾柴又寅さん記念館」でスタートしました。「男はつらいよ AR謎解きラリー篇」は、スマートフォンで手がかりを集めて寅さんを探すストーリー。ARで現れる映画の登場人物など、世界感を堪能しながら謎解きゲームが楽しめます。

映画「男はつらいよ」の登場人物に会えるAR謎解きラリーが、寅さん記念館の開館25周年リニューアルでスタート

出典:NAZO×NAZO劇団 イベントページ

ゲームの所要時間は約60分程度で、子どもや初心者でも安心してチャレンジできる難易度とのことです。別途、葛飾柴又寅さん記念館の入館料が必要となります。

AR謎解きラリーの楽しみ方

  1. ①受付で専用キットを購入します。
  2. ②キットに記載された指示に従い、スマートフォンから専用ゲームページを開きます。
  3. ③AR機能を使って映画の登場人物に出会いながらヒントを集め、謎を解いていきます。
  4. ④すべての謎が解き終わるとエンディングが流れてゲームクリアです。


「男はつらいよ 謎解き施設めぐり篇」も登場!

映画「男はつらいよ」の登場人物に会えるAR謎解きラリーのほか、「男はつらいよ 謎解き施設めぐり篇」も登場

出典:NAZO×NAZO劇団 イベントページ

寅さん記念館では、開館25周年に合わせて館内をリニューアル。本イベントもリニューアルの一環で登場し、AR謎解きラリーのほかに「男はつらいよ 謎解き施設めぐり篇」も同時にスタートしています。

「男はつらいよ 謎解き施設めぐり篇」では、受付で購入した専用キットの誘導に従って館内を探索。寅さん記念館の展示物をヒントに謎解きを進めます。謎解き費用は500円(税込)で、難易度は大人が悩んで解ける程度。こちらも初心者でも楽しめる内容になっているとのことです。

ARGO編集部のひとこと

ARを活用すれば、映画やアニメの人気キャラクターなど、2次元の登場人物を現実世界に出現させることができます。本コンテンツは、ARで映画「男はつらいよ」の登場人物に会える長年のファンには嬉しい謎解きゲームになっています。映画ファンのおじいちゃんと謎解きゲーム好きのお孫さんなど、世代を超えて一緒に楽しめそうですね。

INFO

イベント情報「男はつらいよ AR謎解きラリー篇」

開催期間:2022年4月9日(土)から常設

休催日:施設に準ずる ※詳しくは寅さん記念館公式サイトをご確認ください。

受付時間:各日9:00~17:00

最終受付時間:15:30

謎解き費用:1,000円(税込)

※別途、葛飾柴又寅さん記念館の入館料が必要です。一般:500円、小中学生:300円、シニア:400円 ※小学校低学年以下のお子様の場合は、保護者の方の同伴必須。

関連リンク

  1. NAZO×NAZO劇団 イベントページ
  2. 葛飾柴又寅さん記念館

関連記事

「ARタウン」プロジェクトの第1弾企画として神保町を巡るAR謎解きゲーム「ある珈琲店からの挑戦状」を公開

神保町を巡りながらAR謎解きゲームにチャレンジ!「ARタウン」プロジェクトの第1弾企画「ある珈琲店からの挑戦状」を公開

コンクール作品を鑑賞しながら謎を問いて豪華賞品に応募できるAR謎解きゲーム「電柱広告からの挑戦状」開催!

AR謎解きゲーム「電柱広告からの挑戦状」開催!コンクール作品を鑑賞しながら謎を問いて豪華賞品に応募しよう

ウェブARを活用した「小牧・長久手の戦い」ゆかりの地4か所を訪れる歴史謎解きクイズラリー「犬山城伝記を取り戻せ」開催

ウェブARを活用した歴史謎解きクイズラリー「犬山城伝記を取り戻せ」開催!「小牧・長久手の戦い」ゆかりの地4か所を訪れて謎解き


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談