AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

人気ラッパーのチャイルディッシュ・ガンビーノがARアプリをリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019年4月27日、アメリカの人気ラッパーチャイルディッシュ・ガンビーノとして活躍する俳優ドナルド・グローヴァー氏は、ARアプリ「PHAROS AR」をリリースしました。

ARアプリ「PHAROS AR」イメージイラスト

ユーザーはARで作られた空洞を進みながら、「グリフ」とよばれるピースを集めます。グリフはそれぞれが楽曲(音楽サンプル)の断片となっており、すべて集めることによって同氏の楽曲「Algorithm」が完成します。同楽曲は2019年4月現在まで、CD化や配信はおこなわれておらず、ライブコンサート以外では聴くことができない曲となっていました。

ARGO編集部のひとこと

ARの世界で自ら拾い集めたグリフで楽曲が完成するという試みはとても面白いものです。また、ARはともすれば一人ずつで楽しむものだと思われてしまいがちですが、最近では、本アプリのように、複数人で体験の共有をしながら楽しむこともポピュラーになりつつあります。

INFO

ARアプリ「PHAROS AR」

関連リンク

  1. Childish Gambino Launches Multiplayer AR App(VRScout)

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION