AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ARフルーツバス停が諫早駅に登場! イチゴのバス停と一緒に記念写真を撮れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

諫早観光物産コンベンション協会は、ARで諫早市小長井(こながい)町にあるフルーツバス停と記念写真を楽しめるARスポットを諫早駅に設置しました。フルーツバス停とは、小長井町の国道207号沿いに点在するフルーツを象ったバス停のことで、本企画では全部で16基あるフルーツバス停のうち、最も人気が高いイチゴをARで表示できます。

ARスポットは2ヶ所あり、スマホでバス停を模した看板にあるQRコードをスキャンすることで体験できます。ARは大きさや向きなどを自由に調整できるほか、ブックマーク(お気に入り)機能を使うことで、駅以外でも写真撮影を楽しめます。

同協会によると、現地まで訪れるのが難しい観光客の需要を想定し、ARフルーツバス停を導入したとのこと。またAR写真の投稿にあたり、ハッシュタグ「#諫早駅ARフルーツバス停」をつけて投稿してほしいと呼びかけています。同協会はAR施策について「撮影した写真をSNSで投稿してもらい、諫早をもっと広く知ってもらうきっかけになれば」とコメントしています。

ARGO編集部のひとこと

フルーツバス停は長崎県の「インスタ映え観光地」として有名で、毎年全国から多くの観光客が訪れています。しかし、バス停は佐賀県との県境に位置する小長井町にあるため、短時間での観光は難しく、時間に余裕のない観光客はアクセスしづらい状況にありました。ARでフルーツバス停を出現することで、そのような観光客の利用を期待できるだけでなく、観光客によるAR写真の拡散によって、フルーツバス停の認知度向上を図ることができます。

INFO

関連リンク

  1. 長崎新聞「どこでもSNS映え AR技術で“フルーツバス停” 諫早駅にQRコード」(2022年10月7日)

関連記事

文化創造都市高岡のPR動画「ライバルはご先祖様」を閲覧できる高岡駅のARタペストリー

高岡駅にAR付き大型タペストリー設置!日本遺産PR事業として魅力を発信

「旅する北信濃」AR体験利用イメージ

ARで長野駅・善光寺周辺のスポット情報をチェック!「旅する北信濃」のARコンテンツがスタート

新宿駅で実施された「XRシティ™️SHINJUKU」キービジュアル

「AR謎解き」が「XRシティ™️SHINJUKU」イベントにて開催!新宿駅周辺で謎解きを体験


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新着記事

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談