AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

リコーがARに対応したスマートグラスを開発 軽量・広視野でさまざなシーンに活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

株式会社リコーがARなどに対応した、軽量スマートグラスを開発しました。重さはなんと49g。両眼視タイプとしては、世界最軽量(発表時点調べ)となっています。

ARに対応した、世界最軽量(発表時点調べ)49gのスマートグラスを株式会社リコーが開発。軽量・広視野だけでなく、日常生活でも違和感のないスマートなデザインも魅力。

出典:株式会社リコー スマートグラス詳細ページ

両眼視タイプのスマートグラスは、通常の眼鏡の3倍以上の重さがある製品がほとんどでしたが、同社の独自開発である薄型・軽量のプラスチック導光板を採用したことにより、軽量化に成功。

ディスプレイユニットをこめかみ辺りに配置できる特殊な光学系を開発・採用したことにより、いままでのスマートグラスと違い、鼻部分にかかる重さも一般的な眼鏡レベルに。カメラやプロジェクター開発などで同社が長年培ったきた光学技術が活かされています。 また、快適な着け心地だけでなく、1m先に約30インチの画面が見える広い視野角も実現。必要な情報を広い視野で展開することができます。

同社のスマートグラスは、モバイル端末やパソコンと接続することで、グラス上に映像やアプリを表示することが可能で、加速度、角速度、地磁気などの9軸センサーも標準搭載しています。カメラや深度センサーをオプションで付けることでARにも対応できます。

従来のスマートグラスは、現場とオフィスにいる人を繋ぐ、短時間の遠隔作業支援などおもな使用用途でしたが、軽量化により長時間の使用が可能になったことで一般ユーザーの日常生活の支援ツールとしての活用も。街中での歩行案内など、さまざまな活用シーンが想定できます。さらに、眼鏡メーカーと協力し、日常生活でも違和感なく装着できるようなスマートなデザインに仕上げています。

ARGO編集部のひとこと

ARに対応したスマートグラスは、現場とオフィスを繋ぐ、遠隔作業支援がおもな用途でした。軽量・広視野を実現したことで、ビジネスシーンだけでなく、日常生活にもスマートグラスが浸透するきっかけになりそうです。リコー株式会社という日本人にとって親しみと 信頼を感じるメーカーが開発している点もポイントかもしれません。

INFO

関連リンク

  1. 株式会社リコー ニュースリリース

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION