AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

TOP > MEDIA > いってみた > 自然に親しみ、緑の恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむために『緑と花のフェスティバル』に行ってきた

自然に親しみ、緑の恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむために『緑と花のフェスティバル』に行ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!ARGO編集部のおおわです。
今回は4月27日に千葉県松戸市で開催された「緑と花のフェスティバル2018」に参加しています。

緑と花のフェスティバルとは、 松戸市の行政や市民、緑化団体が協力し「自然に親しみ、緑の恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむこと」を目的として、 毎年4月に開催している祭典です。イベント当日は草花や野菜の苗が販売や、自然の素材を使った工作体験、ゲームやクイズで楽しみながら自然と親しむことができます。そして今日は<ARスタンプラリー>が実施されると聞き、ここまでやってきました。

さて、会場に着いてみると、

すでに大勢の人で賑わっています!

松戸市のゆるキャラ「松戸さん」もいらっしゃっていました! 思わず握手を求め、快く受け入れてくれた松戸さんに思わず笑顔に///

さて、それではさっそく今日の目的である<ARスタンプラリー>を体験していきます。

今回は会場内に設定された9つのスタンプを集めると、 素敵なプレゼントがもらえるようです。

始まりの地図を凝視する人がいます。

皆の視線を集めながら、 始まりの地図に書いてある1つ目のマーカーに 「COCOAR2」アプリをかざしてみると、

さっそく1つ目のスタンプをゲットしました! このデザインは、、、!完成図が楽しみですね!

おお、わたしの他にもたくさん参加している人がいますね。

2つ目以降のスタンプのマーカーは、出店のテントの横に掲示してありました。

マーカーの数字が大きく見える上に、色もピンクで目立つ!これなら会場を回りながら、9つスタンプを集めるのも簡単にできそうです。


その後も順調にスタンプラリーのマーカーを見つけていきます。 おっと、

途中で見つけたパンダマークのこのチラシは、なんだか今までのスタンプラリーとは様子が違いますね。なになに、本日限定で、千葉でその名を知らぬ者はいない、あのチーバくんと、写真が撮れるのですか!??

これは撮らずにはいられません。 チーバくんと2ショット///

こんなところにも、チーバくん。イベントを楽しむための工夫がいろんな場所に隠れていますね。さてさて、スタンプラリーに戻りましょう。

最後のマーカーを見つけました!マーカーをかざしてスタンプをゲットします!

きれいなアサガオの花が完成しましたーー!これで景品と引き換えられますね!やりましたーー!っと、その前に、最後のポイントの横で販売していた 「松戸白 宇宙かぼちゃコロッケ」がもう魅力的過ぎて、、っ!

スタンプラリーもコンプリートできたということで、自分へのご褒美に買ってしまいました。。。美味美味。さてお腹も満たされたところで、プレゼントを引き換えに本部へいきましょう。

今回のプレゼントは・・・

>>>ミニサボテン<<<

か、かわいいいい~~~///

同じサボテンでも、よく見るとひとつひとつ表情が違っていますね。わたしはなんだか運命を感じたこの子を引き取ることにしました。

ありがとうございます!

さて、サボテンももらって楽しんでいますが、 緑と花のフェスティバルではARスタンプラリーの他にもたくさんの催し物が開かれていました。

母の日が近いということもあり、 カーネーションがたくさんありました。

お花や盆栽の販売や、競りもおこなわれています。

メインステージでは、舞踊や吹奏楽の演奏もおこなわれ、松戸市の名産品を使った飲食店も多く出店していました。

各ブースでは工作教室、輪投げ、昆虫観察コーナーなど、子どもも楽しめるブースがたくさんあります。特に会場となった「21世紀の森と広場」には、緑と花のフェスティバルが開催されていた場所以外にも博物館や川遊びの場所もあり、休日の親子であふれていました。

皆さま、松戸市へお越しの際は 足を伸ばして「21世紀の森と広場」へ遊びに来てはいかがでしょうか?

INFO

関連リンク
  1. 公益財団法人 松戸みどりと花の基金-緑と花のフェスティバル2018の開催について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。