AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

Graffity株式会社が新しいARシューティングバトルを開発!2019年9月7,8日に横浜で体験できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Graffity株式会社は、ARシューティングバトル「HoloBreak」(通称、ホロブレ)を2019年9月7日(土)・8日(日)より、横浜駅直通の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」の3Fで開催することを発表しました。同社は、「ARで、リアルを遊べ」というミッションのもと、ARコミュニケーションゲームの企画・開発を行っています。

ARシューティングバトル「HoloBreak」をプレイしている様子

出典:Graffity株式会社 プレスリリース

ホロブレとはAR技術を利用したARシューティングゲームです。VRのようにヘッドセットなどを装着する必要がなく、スマホで気軽に参加できます。制作にはライブエンターテインメント事業を展開する株式会社アカツキライブエンターテインメントが協力し、本企画が実現しました。

プレイヤーはスマホを片手に、8m×5mのフィールドを動き回りながら、相手チームとのバトルに勝利するため戦います。スマホを持ちながらフィールド内を移動するため、従来のスマホゲームとは違う「リアルに汗をかく」体験が可能。最大4人まで同時にプレイでき、2対2や1対1でも遊べます。

イベント開催を記念して、公式LINEではキャンペーンも開催されています。2019年8月26日(月)~9月8日(日)までにLINEで友だち追加(アカウント名:@HoloBreak)をすると、プレイ料金の200円OFFクーポンがもらえます。公式LINEの友だち登録はこちらから。

この機会に次世代のARシューティングバトル「HoloBreak」をぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

ARGO編集部のひとこと

VRで必要なヘッドセットを使用せず、スマホ1台で気軽に楽しめるのはいいですね。またホロブレは省スペースで行えるため、場所を問わずにみんなで楽しめそうです。AR技術の活用によって、スマホゲームでも体を動かすものが増えてきました。2018年12月にはARシューティングバトル「ぺチャバト」のiOS版をリリースしたGraffity株式会社。同社の今後のARゲーム制作に期待が高まります。

INFO

ARシューティングバトル「HoloBreak」

開催期間:2019年9月7日(土)11時~21時、8日(日)11時~19時

場所:アソビル3F(神奈川県横浜市西区高島2-14-9)※受付・当日券販売はアソビル3階受付まで

チケット料金:800円(税込)※当日販売のみ

関連リンク

  1. Graffity株式会社
  2. アソビル:ASOBUILDアソビル:ASOBUILD
  3. 株式会社アカツキライブエンターテインメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION