AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

TOP > MEDIA > ARニュース > 東京ゲームショウ2018では360度鑑賞可能な「デジタルフィギュア」をお試し鑑賞できた!

東京ゲームショウ2018では360度鑑賞可能な「デジタルフィギュア」をお試し鑑賞できた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2018年に千葉県・幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2018」のGugenka(R) from CS-REPORTERS.INCブースでは、iOS専用ARアプリ「HoloModels(TM)」を利用したAR体験コーナーが展開されました。

HoloModelsとは、360度どの角度からでも鑑賞できる「デジタルフィギュア」で、キャラクターを自由にポージングさせたり、現実世界に飾ることができます。今回AR体験できたデジタルフィギュアは、アニメ『七つの大罪 戒めの復活』『魔法の天使 クリィミーマミ』『ゲゲゲの鬼太郎』などの人気アニメ9作品です。

イベント期間中は本AR企画のほか、ストリーミングライブ配信サービス「SHOWROOM」のバーチャルSHOWROOMerこと「東雲めぐ(しののめ めぐ)」と直接話せるトークライブイベントや、VTuberキャラメイク&トーク、『ゲゲゲの鬼太郎 魂とアート』「VR 魂の送り火」「3D 魂の行方」、この素晴らしい世界に祝福を!「このすば快眠VR」、「直感×アルゴリズム♪」コラボARフィギュア配布など、さまざまな企画が行われています。

ARGO編集部のひとこと

飾って楽しむイメージが強いフィギュアですが、ARフィギュアは自由にポーズや表情をつけて現実空間に設置することができます。まるで自分の隣にキャラクターがいて、本当に生きているような感覚を味わえるでしょう。今後のデジタルフィギュアの発展に期待したいです。

INFO

ARアプリ「デジタルフィギュアHoloModels」

【ストアURL】 App Store(iOS)Google Play(Android)

関連リンク

  1. HoloModels(TM) 公式サイト
  2. 株式会社GugenkaR 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION