AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

非接触式AR室内トレーニングマシン「DIDIM」(ディディム)が日本に初上陸!ARでフィットネスや脳トレ、ヘルスゲームなど80種類以上のコンテンツを体験できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

株式会社エム・ディ・シーは、AR技術を活用した室内トレーニングマシン「DIDIM」(ディディム)の正規日本代理店となり、2022年10月より販売およびレンタルを開始したことを発表しました。AR技術によって地面に投影された映像にあわせてトレーニングすることができ、フィットネスや脳トレ、ヘルスゲームなど80種類以上のコンテンツを利用できます。

世界初の室内運動マシン「DIDIM」とは

「DIDIM」とは韓国の企業・Twohands Interactive Inc.が開発したトレーニングマシンです。韓国内ではフィットネスジムやショッピングモール、屋内運動場など100以上の機関で運用されています。地面に投影された映像を見ながら直感的にトレーニングできるため、子どもからお年寄りまで幅広い世代で楽しめます。横5メートル、奥行き3メートルのスペースさえあれば設置することが可能。1台につき最大6人まで同時にプレイでき、2台並べて設置するとマルチシステムによって、最大12人の同時プレイが実現します。

身体、精神、社会性を育てるプログラム

「DIDIM」で利用できる多彩なコンテンツ一覧

出典:AR式トレーニングプラットフォーム「DIDIM」特設サイト

マシンに搭載されたコンテンツライブラリには、体力鍛錬・頭脳訓練・ヘルスゲームをはじめ、プロのトレーナーが作成したサーキットトレーニングシステムや、運動目的に合わせてデザインしたテーマトレーニングシステムなどがあり、多彩なコンテンツを利用できます。コンテンツは常時アップデートされ、毎月3~4種類のコンテンツが追加されるということです。

日本国内での導入も決定!

「DIDIM」利用イメージ

出典:AR式トレーニングプラットフォーム「DIDIM」特設サイト

日本国内でも大手フィットネスジムを皮切りに、ゲームメーカー、ショッピングモール、地方自治体への導入が続々と予定されており、年内には複数の施設で稼働される見通しです。

ARGO編集部のひとこと

ARフィットネスを導入することで、フィットネスマシンなどを利用することなく、効果的なトレーニングを行うことが可能です。人との接触を最低限に抑えながらトレーニングできるため、コロナ禍でも安心して運動に取り組めます。日本でもARを活用したジム施設は増えており、「Dr.ストレッチ 新宿メトロ店」ではフォームをセルフチェックしながら各種トレーニングが行える「ARC Mirror(アークミラー)」が設置されています。

INFO

関連リンク

  1. AR式トレーニングプラットフォーム「DIDIM」特設サイト

関連記事

「ディスコフィットAR」体験イメージ

ARでどこでもダンス! スマホ1つでエクササイズできる「ディスコフィットAR」がリリース

世界初のランナー用ARグラス「Ghost Pacer(ゴーストペイサー)」体験イメージ

世界初のランナー用ARグラス「Ghost Pacer(ゴーストペイサー)」が登場!ARランナーとリアルタイムで並走できる

公式アプリ「WEBGYM」に導入されたARコンテンツ

アプリ「WEBGYM」にARインストラクターが登場!スマホで手軽にエクササイズができる


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新着記事

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談