AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

「ARゾーン」が利用できる「Galaxy S10」シリーズが2020年6月にアップデート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマートフォン「Galaxy S10」シリーズで「ARゾーン」をはじめとした機能追加が発表されました。製造元のサムスン電子が2020年6月1日にアナウンスしています。

アップデート後の「AR ゾーン」利用方法

出典:Galaxy Mobile Japan 公式サイト

「ARゾーン」は、自分の顔をカメラに認識させて、自分にそっくりなアバターが作れる機能。アバターは「AR絵文字スタジオ」機能で編集可能で、作成したアバターは「AR手描き」機能を使った個性的な写真/動画撮影ができるほか、SNSで使える表情豊かな「AR絵文字スタンプ」としても扱うことができます。

「ARゾーン」で作成したアバターで自撮りをすると、アバターが自分の目や口の動きに追従するため、現実世界の中で、自分が架空のキャラクターとなって話しているかのような動画を作るといったことも可能になります。またスタンプは各種SNSで利用でき、髪型や服装のカスタマイズもできる「世界で1つだけ」の個性的なスタンプであるため、 彩り豊かな感情でインターネット上のコミュニケーションを盛り上げ、スムーズな意思疎通のためにも利用できます。

2018年発売の「Galaxy S9」シリーズ以降で「AR絵文字」は標準搭載でしたが、同機能は手描き機能や編集機能が追加され「ARゾーン」として進化し、「Galaxy S20」など後続シリーズで標準搭載となりました。

アップデート対象機種は「Galaxy S10(SC-03L)」「Galaxy S10+(SC-04L、SC-05L)」「Galaxy Note10+(SC-01M)」となっており、今回の更新によってこれまで「Galaxy S10」シリーズでは利用できなかった「Galaxy S20」シリーズ搭載機能の一部が利用可能となります。

  • <「Galaxy S10」シリーズの主な更新内容>

  • ・1回の撮影で様々な写真や動画を自動的に撮影可能な「シングルテイクモード」追加
  • ・好きな画像をカスタムフィルターにできる「マイフィルター」追加
  • ・撮影時にシャッタースピード、ISOの調整が可能な「プロ動画モード」追加
  • ・2人以上での顔認識時、広角へ自動で切り換える「自動で広角モードへ切り換え」追加
  • ・「ハイパーラプス撮影」内における、夜に走行中の車などの撮影に適した「ナイトモード」追加
  • ・動画撮影中、フロントカメラとリアカメラの切り替えが可能に
  • ・カメラの撮影ボタンが長押しで「動画撮影モード」、スワイプ操作で「連続撮影モード」として起動可能に

ほかキーボードのUI(ユーザーインターフェイス)変更、プリインストールアプリの追加など、様々な機能が追加されます。

ARGO編集部のひとこと

「ARゾーン」で作成した「AR絵文字」は、制作したキャラクターを自分のアバターとして利用できるため、子ども向けにコミカルな映像作品を制作したい場合や、自分の顔写真を映したくない、使いたくない場合の代用などあらゆるケースで活用できます。さらに「AR手描き」機能などと組み合わせることで空間に絵や文を合成させ、自由度の高い撮影が可能となるため、オリジナリティがあり質の高い作品を制作することができそうです。

INFO

関連リンク

  1. Galaxy Mobile Japan 公式サイト

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION