AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

第51回板橋区民まつり特別企画にARフォトフレームが採用 ARで絵本のキャラクターやイラストと写真が撮れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第51回板橋区民まつりの特別企画に、ARフォトフレームが採用されています。ARフォトフレームは第51回板橋区民まつりで開催される「絵本のまちひろば(板橋一中体育館)」に導入されており、スマホで専用URLをアクセスまたはQRコードをスキャンすると、画面に板橋にゆかりのある絵本作家・イラストレーターがデザインしたARフォトフレームが出現します。

特別企画「絵本の世界にとびこもう!」で撮影できるARフォトフレームデザインの一例

ARフォトフレームのデザインは全部で6種類あり、三浦太郎著の絵本『くっついた』やイラストレーター・松本初夏によるキャラクター「イタバシーラカンス」、のぐちようこ著の図鑑『いろいろなとりのくちばし』をもとにしたカワセミの求愛イラストなどが描かれています。またイベント当日はフォトスポットも設置され、ARフォトフレームと組み合わせることでよりかわいい写真を撮ることができます。ARフォトフレームの配信は2022年9月15日(木)~10月31日(月)まで。ARフォトフレームはこちらから体験できます。

第51回板橋区民まつりとは

2022年10月15日(土)・16日(日)に行われる板橋区内最大規模のお祭り。地域の方々による阿波おどりや近隣小中学校による音楽パレードをはじめ、近隣小学校での各種出店(展)、近隣の区立文化会館での「板橋子ども文化祭」などが同時開催されます。また今年度は区政施行90周年の節目にあたることから、これまで築き上げてきた歴史・文化の再認識および板橋区のブランド戦略の一環として、新たに「絵本のまちひろば」を設置。板橋区民まつりを通して、SDGs未来都市で評価された取り組み「絵本のまち板橋」の発信を行うということです。

ARGO編集部のひとこと

本事例のARフォトフレームでは、ブラウザ上で体験できるウェブARが採用されています。ウェブARは、ウェブサイトにリンクを埋め込むだけで実装できるため、低コストで手軽に導入できるのが特徴です。またARフォトフレームによって映える写真が撮れるので、AR写真がSNSに投稿されることで、口コミ効果やイベントの認知度向上が見込めます。

INFO

イベント情報「第51回板橋区民まつり」

開催日時:2022年10月15日(土)11時~18時・16日(日)9時~16時

開催場所:板橋区立グリーンホール前道路及び周辺(板橋区栄町36番ほか)

関連リンク

  1. 板橋区 板橋区民まつりページ
  2. ARフォトフレーム「絵本の世界にとびこもう!」特設ページ

関連記事

ARフォト撮影などを楽しめる「メッツァフラワーフェスティバル」告知画像

ARフォトで撮影も!春の訪れを楽しむ「メッツァフラワーフェスティバル」開催

ARおみくじとARフォトフレームを楽しめる西武渋谷店の初売りイベント「MOTAS. meets seibu shibuya」

ARおみくじとARフォトフレームを楽しめる西武渋谷店の初売りイベント「MOTAS. meets seibu shibuya」開催!

甲子園歴史館リニューアル休館前の特別企画として実施されたARフォトスポット施策

甲子園歴史館にARフォトスポットが出現!リニューアルに伴い期間限定開催


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新着記事

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談