AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ARで建築模型やジオラマを表示 無料アプリ「建築模型 AR」がリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「建築模型 AR」が株式会社ベナからリリースされました。本アプリは、建築模型をAR技術によって現実世界に表示できるというものです。

「建築模型 AR」で建築模型を製作する際の動作画面

出典:株式会社ベナ 詳細ページ

建築模型を実寸サイズで表示するのはもちろん、ピンチズームで拡大や縮小、建物の方向や位置をスマートフォンやタブレットのディスプレイ上で調整することができます。

表示できる模型の種類は5種類。ビル、集合住宅、戸建て、工場、ジオラマのAR模型が製作できます。サイズの変更はビルの場合、高さは60mから100m、横幅は20mで設定ができ、表示したいスケールを選択することも可能。

さらに、表示した模型は撮影・画像保存もOK。保存した画像は、メールに添付したりTwitterやInstagramなどのSNSで共有も可能です。

模型のサイズ確認や製作の検討に役立つのはもちろん、スムーズな情報共有ができるため、業務の効率化や商談のサポートもしてくれるアプリといえます。

アプリのダウンロードは無料で、2020年9月現在はAndroid非対応・iOS向けアプリとなっています。

ARGO編集部のひとこと

建築物や不動産、産業機器など、実際に目にしないとサイズ感や性能が確認しにくい商材も、ARを活用することで、リモートで商談を進められたり、設置や導入後のイメージがしやすくなります。コロナ渦ということもり、無理に人と会わずとも、商材の魅力を伝える方法としてAR技術が注目されています。

INFO

ARアプリ「建築模型 AR 」

【ストアURL】App Store(iOS)

関連リンク

  1. 株式会社ベナ

関連記事

リノベる株式会社とKAKUCHO株式会社のリノベーションプラットフォームサービス「ARリノベ(仮称)」

ARを活用したリノベーションプラットフォームサービス「ARリノベ(仮称)」がプレ始動。リノベ買取再販事業者向けに説明会を実施

ARで敷地見学ができる「WARP HOME(ワープホーム)」

ARで敷地見学ができる工務店向け営業プレゼンツール「WARP HOME(ワープホーム)」リリース

ARシミュレーションで配置をイメージできる「WebAR」

ARシミュレーションで配置をイメージ!「WebAR」「Place3D」の提供開始


COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION