AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

AR化した車のぬりえで楽しく交通ルールを学ぼう!ARアプリ「ロータスクラブぬりえでGO」リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ARアプリ「ロータスクラブぬりえでGO」のサービスがスタートしました。本アプリは、自分で塗ったぬりえをAR技術によって立体化できるというものです。AR化した車両をゲームのように走らせるだけでなく、お子さんに交通ルールを楽しく学んでもらうことができます。

ARアプリ「ロータスクラブぬりえでGO」のアイコン

出典:App Store 詳細ページ

全国のロータス加盟店で配布されている専用台紙でぬりえを楽しんだ後に、自動車整備業者の組織である全日本ロータス同友会がリリースした本アプリをダウンロードしたiPadもしくはiPhoneのカメラで読み込めば簡単に体験がスタート。

自分がぬりえした自動車が一瞬で立体化し、架空のロータスクラブの街で自由に走行させることができます。

「ロータスクラブぬりえでGO」のプレイ画面

出典:App Store 詳細ページ

ゲーム画面には、「ウインカー」「ライト」「アクセル」「ブレーキ」のボタンがあり、この4つの操作を駆使してゲームをプレイします。「救急車が通過する時は進路をゆずる」「夜はライトを点灯させる」などの知っておきたい交通ルールや、スピードの調整やシートベルトの着用、ウインカーを出すタイミングなどもレクチャーしてくれます。

普段は、街を走る車に気をつけなければいけないお子さんたちも、車側からみた交通ルールを知ることで、交通安全に対する意識がさらに高まりそうですね。なお、現時点(2020年10月)では、iOS 10.0以降のiPhone、iPad、およびiPod touchのみの対応となっているようです。

ARGO編集部のひとこと

自分の塗ったぬりえが立体化して動かせるという楽しみだけでなく、車の運転など、現実では子どもに体験させられないことがAR技術によって実現できます。子どもの好奇心や想像力を刺激することができるARは、知育イベントや玩具でも技術の活用が広がっています。

INFO

ARアプリ「ロータスクラブぬりえでGO」

【ストアURL】App Store(iOS)

関連リンク

  1. ロータスクラブ

関連記事

「交通安全AR」の画面イメージ

ARで交通事故の危険性をレクチャー 小学生のための教材「交通安全AR」

P「ムーヴキャンバスとびだすぬりえ」で遊ぶ画像"

ARぬりえで車が飛び出す!「ムーヴキャンバスとびだすぬりえ」をダイハツが無償提供

「英語でAR体験!@能見台」の詳細

ARぬりえを体験しながら英語を学べるイベント!「英語でAR体験!@能見台」が8月22日に開催


COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION