AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

AR花火が新聞紙面に打ち上がる!信濃毎日新聞が「実験ARおうち花火大会」を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

信濃毎日新聞社はARを活用し、「諏訪湖祭湖上花火大会」を新聞紙面で楽しめる広告企画「実験 ARおうち花火大会」を2020年8月15日(土)の朝刊紙面にて実施しました。

【AR花火の楽しみ方】

  • ①花火会場写真が写った紙面を壁に貼ります。
  • ②紙面に記載されているQRコードをスマホで読み込み、公式サイトへアクセスします。続いて「タップして花火大会を開始」ボタンを押し、ARカメラを起動します。
  • ③ARカメラでARマーカーとなる花火会場写真をスキャンすると、画面にAR花火が現れます。新聞が手元にない場合はパソコンから公式サイトへアクセスし、ディスプレイにARマーカーを表示させることで体験可能です。
  • ※下記画像がARマーカーです。
実験ARおうち花火大会のARマーカー

出典:実験ARおうち花火大会 諏訪湖祭湖上花火大会 ARマーカー掲載ページ

本企画は国内最大級の花火大会「諏訪湖祭湖上花火大会」の中止を受けて企画されました。同社はAR花火を通して、信州の夏の風物詩を多くの方に楽しんでほしいという想いを込めたとのこと。また紙面作りを行うにあたり、中止になった花火大会の代わりとしてではなく、withコロナ時代におけるイベントの新しい楽しみ方を体感できる紙面を目指したということです。

AR花火の反響は大きく、日本テレビ系の情報番組『ZIP!』で紹介されたほか、Twitterで「信濃毎日新聞」がトレンド入りするなど注目を集めています。

ARGO編集部のひとこと

ARGO編集部員もさっそく試してみましたが、ARカメラを紙面にかざした瞬間、色とりどりの美しい花火と音楽が流れ、夏の風物詩を堪能することができました。このように紙面にARを設定することで文字や写真では伝わりづらいイベントも、AR動画という映像でダイレクトに伝えることが可能です。なお類似事例としては京都新聞のAR動画が挙げられ、こちらも再生回数が1日で1000回以上を記録するなど好評を博しました。

INFO

関連リンク

  1. 実験AR おうち花火大会 諏訪湖祭湖上花火大会 公式サイト
  2. 信濃毎日新聞[信毎web]公式ニュースサイト

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION