AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

「ARスーツ」を着ることでどんな格好をしていてもWeb会議に参加できるアプリがリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020年3月、Twitter上で「Web通話時にARのスーツを着用できるアプリ」が公開されました。

アプリを開発したのは、プログラマーである「なかひこくん(@takanakahiko)」さん。カメラの映像から、利用者の顔を検知してスーツの上着を着せるそう。なお、ARスーツとして表示されるスーツの画像は、ネクタイの先ぐらいまでの上半身部分のみ。ARスーツを全身に着せようとすると、「スーツが吹っ飛んでしまう」とのことです。

本アプリはオープンソースソフトウェアとなっており、ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub」上でフィードバックや修正などを随時募集しているそうです。

ARGO編集部のひとこと

Twitter上での、本アプリに関する開発者ご本人へのリプライを拝見すると「(ARのスーツを着て)踊らないんですか?」「画期的」「パジャマでWeb会議もできる(笑)」といった多くの好意的な反応がありました。冗談半分といった反応もあるようですが、静止した状態のARスーツは一見「緊張感を持ったたたずまい」を演出できているように見受けられました。場所や時間にとらわれないテレワークのような働き方の必要性が見直されている現代において、次第に必要な技術となってくるようにも思えます。

INFO

関連リンク

  1. 私服でカメラの前に座ったら上から画像重ねてスーツを着たような感じになるやつ - GitHub

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION