AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

「とんかつ新宿さぼてん」で初のARキャンペーンを開催!ARを導入した理由やかつモン誕生秘話を聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
2019年8月~9月の間、とんかつ専門店の「とんかつ新宿さぼてん」でARを使ったキャンペーンが開催されました。今回、本企画の担当者の方にお話をうかがい、AR導入のきっかけや、店舗の売上に繋がったというキャンペーン開催の背景についてお聞きしました。

こんにちは!ARGO編集部のムラキです!

突然ですが、皆さんとんかつは好きですか?私は…大好きです!!!

あの分厚くて柔らかいジューシーな豚肉と、サクッとした衣のハーモニー…想像しただけでお腹が減ってきました(笑)

そんなとんかつで有名な「とんかつ新宿さぼてん」はご存知でしょうか。株式会社グリーンハウスフーズが運営するブランドのひとつで、国内外に展開するとんかつ専門店です。

とんかつ新宿さぼてんの人気レストランメニュー「SaboRED ロースかつ御膳」

出典:とんかつ新宿さぼてん

定番商品では、厳選した豚肉を使った「ロースかつ御膳」が有名です。 とってもおいしそうですね~!!!いますぐにでもお店に食べに行きたいくらいです♪♪

なぜとんかつのお話をしたのかというと、実は2019年8月1日(木)~9月30日(月)の間、「とんかつ新宿さぼてん」でARキャンペーンが開催されているんです!!

このキャンペーンは家族連れを対象にした企画で、店内でもらえるARカードを専用アプリで読み込むと、さぼてんの公式キャラクター「サクサク かつモン」と記念撮影ができたり、『サクサク かつモンダンス』のAR動画を見ることができます。

「とんかつ新宿さぼてん」ARカード

出典:とんかつ新宿さぼてん

本キャンペーンは公式キャラクターの仲間として、新たに「プリプリ エビミン」が登場したのを記念して実施されました。

さぼてん公式キャラクター「プリプリ エビミン」

出典:とんかつ新宿さぼてん

「プリプリ エビミン」はとんかつの妖精「サクサク かつモン」、キャベツの妖精「オカワリ キャベモン」に続く3番目のキャラクターで、10年以上にわたり海鮮メニューの定番商品として販売中の「エビフライ」の妖精なんだとか。エビのしっぽがリボンがとってもキュートですね♪

ARキャンペーン開催を記念し、企画に携わった商品マーケティング部の出来さんにインタビュー。キャンペーンにARを導入した理由や、知られざる(!?)かつモンの裏話までたっぷりと語っていただきました!

とんかつ新宿さぼてん マーケティング部の出来さんにインタビュー

ムラキ:本日はお時間ありがとうございます!AR動画を拝見しましたが、エビミンやキャベモンが増えて賑やかな印象を受けました。今年からさぼてんの公式キャラクターの仲間が増えていますが、リリース時期などは事前に決めていたのでしょうか?

出来さん(以下:出来):そうですね。もともとキャベモンは2019年6月、エビミンは8月というスケジュールで決めていました。エビミンをなぜその時期に設定したのかというと、8月にエビのキャンペーンを予定していまして。そことあわせて出そうという話になりました。

ムラキ:今回のキャンペーンにARを導入しようと思った理由を教えてください。

出来:エビのキャンペーンが夏休みと重なるので、ファミリー層やお子様に喜んでいただけるイベントをやりたいなと思ったんです。そこで思いついたのがARでしたね。もともと自分は広告代理店出身なのでARは知っていましたし、キャラクターとあわせてインパクトのある企画をやりたいなと。何よりキャンペーンを通して、将来のお客様となるお子様にさぼてんを好きになってもらいたい、ファンになってもらいたいというのが一番の理由でした。

ムラキ:なるほどそうだったんですね!AR動画版『サクサク かつモンダンス』の制作にあたり、特に意識した部分はありますか?

出来:弊社制作の『サクサク かつモンダンス』をもとにAR動画を制作したので、エビミンとキャベモンをどう登場させようか悩みましたね。やっぱりこの子たちの紹介がメインなので。あとは最後のエビミンのウインク!かわいく映るように何度も調整しました(笑)。ぜひそこも注目していただきたいですね。

「とんかつ新宿さぼてん」カバー画像

ムラキ:ラストのエビミンのウインクは要チェックですね!ちなみに『かつモンダンス』はどなたの発案なのでしょうか?クオリティが高いのでとても気になりました。

出来:弊社の社員ですね。歌詞やダンス、振り付けまで全部手掛けています。もともと店舗のプロデュースもしたりしていて、そういうクリエイティブなことに長けているんですよ。現在は役員なんですけど(笑)。

ムラキ:や、役員!?そんな偉い方が『かつモンダンス』の考案者だったんですね!びっくりしました!ARキャンペーンを行ってみて、お客様の反応はいかがでしょうか?

出来:とても楽しく使っていただいていました。実は店舗での配布以外にも、一部の店舗では着ぐるみイベントをやりつつ、ARカードをお渡ししたりしたんですよ。そのほかにもイオンモール各務原店ではお子様とカツサンドを作ったあとに、AR写真を撮ってプリントアウトしたものをプレゼントしたりとか。イベントを実施したことで、店舗の売上があがったという話も聞いています。

ムラキ:さまざまなイベント×ARの施策を行っていて素晴らしいですね!売上アップにもつながったと聞いて嬉しい限りです。着ぐるみイベントなどで大活躍しているかつモンですが、かつモンはどのような経緯で誕生したのでしょうか?

出来:かつモンは将来のお客様を増やすという目的と、創業50周年を記念して生まれた公式キャラクターということもあり、さぼてんのブランドを語るキャラクターを作りたかったんです。たとえばこのかつモンの頭から生えている5本の角(青い丸で囲ったところ)は、揚げ物のパン粉がツンツン立った状態を表す「剣立ち」を表現しているんです。

かつモンの頭頂部にある「剣立ち」該当部分

出典:とんかつ新宿さぼてん

ムラキ:へぇ~!そうなんですね!!ほかにもかつモンにまつわるお話があればぜひお伺いしたいです!かつモンといえば、Youtube公式チャンネルでアニメも配信していますね。

出来:アニメの話だと、第1話「サクサクかつモンの大冒険|プロローグ|初めまして!サクサクかつモンです。」に出てくる生命の樹のおじさんですね。このモデルとなるオブジェが新宿の本店小田急エース南館店にあったんですよ。現在オブジェはもう撤去してしまっているんですけどね。

かつモン公式アニメ第1話に登場する「生命の樹」

出典:とんかつ新宿さぼてん

ムラキ:生命の樹のおじさんは太陽をモチーフにしたキャラクターだったんですね!【受験生に舞い降りた、とんかつの妖精 サクサクかつモン】は実写映像がベースになっていますよね。ヒロインの女の子がとんかつを食べたシーンでは一部アニメーションも入っていて、凝った演出だなと思いました。

Youtubeで配信中のとんかつ新宿さぼてんアニメーション

出典:とんかつ新宿さぼてん

出来:これはかつモンの特技を表しているんです。

ムラキ:かつモンの特技?

出来:キャラクタープロフィールに「かつモンは幸せの結晶を振りまき、私たちに【喜びの花】を咲かせます」ってあるじゃないですか。これを表現しているんです。

ムラキ:たしかに!画面に色とりどりの【喜びの花】が咲いています!!

出来:受験に悩んでいても、かつサンドを食べればいいことが起こるっていうのを描けたらなと。縁起物として、ハレの日に食べてもらえたらという思いを込めているんです。だから歌詞も「ハッピー ラッキー カーツ」になっています。

ムラキ:お店のエピソードも交えつつ、歌詞も細部まですごく作り込まれているんですね…!感動しました!最後になりますが、今後の展望やARでやってみたいことを教えてください。

出来:今回ARカードの配布を全店で実施しましたが、イベントと掛け合わせてやったほうがいいなと感じました。なので、今後はかつモン企画の一部としてARを活用してきたいなと思っています。ARでやってみたいことは、「かつモンは美味しいとんかつのところに現れる」という設定を表現したいですね。たとえばとんかつの衣をマーカーにして、スマホをかざすと画面上にかつモンが出てくるみたいな。この子にはそういうコンセプトがあるので、ARで実現できたら面白いなと。次の企画に向けていろいろと考えています。

ムラキ:ARを使った企画、今からとても楽しみにしています!本日はインタビューありがとうございました!

インタビューを終えて

今回ARキャンペーンをはじめ、かつモンに込められた思いをたくさん伺うことができ、とても有意義なひとときでした。インタビューをしているなかで驚いたのが、着ぐるみイベントとARを組み合わせた企画をされていたことです。リアルイベントとARをかけ合わせることで、イベントの幅が広がるだけでなく、新しい価値体験の提供を行えるので素晴らしい試みだと思いました。また同社は現在デジタル事業にも力を入れているとのこと。今後ARを活用したイベントやキャンペーンにも注目したいと思います。

関連リンク

  1. 株式会社グリーンハウスフーズ
  2. とんかつ新宿さぼてん
  3. とんかつ新宿さぼてん Youtube公式チャンネル

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION