AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

(彼氏ナシの)お一人様でも、しながわ水族館は楽しめるのかを検証してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2018年1月から2月まで企画展「外来生物展」の中でARを使ったスタンプラリーが開催されていたしながわ水族館。本記事では、参加賞として記念の限定フォトフレームが手に入った、このARスタンプラリーの全容についてご紹介いたします。


みなさんこんにちは!ARGO編集部のミソです。

今回は、「海や川とのふれあい」をテーマにしている『しながわ水族館』へ行ってみた内容をお伝えします。

しながわ水族館のエントランスゾーン

しながわ水族館はその名前から品川駅が最寄だと思われがちですが、実は京急線の「大森海岸」駅が最寄駅なんです。大森海岸駅からしながわ水族館までの道のりには各所に案内表記や水族館のオブジェなどがあり、迷う事なくたどり着くことができます。

しながわ水族館に訪れると・・・ 

しながわ水族館館内の看板

館内に入ると、早速かわいいイルカがお出迎えしてくれました。 そして、「外来生物展」が開催されていることを発見しました!
(※このイベントは現在終了しています。)

ARスタンプラリーの参加方法が記載された外来生物展のポスターARスタンプラリー参加方法やアプリの解説ポスター

ポスターを読んでみると、スマートフォンをつかって館内のスタンプを集めるというイベントが開催されているようです。 なにやらスタンプを4つ集めると最終的に記念フォトフレームをGETできるとか。スタンプのポイントは案内チラシにも書いています。ということで、水族館の中を周りながらARスタンプラリーもやってみたいと思います!

外来生物展を回りながらスタンプラリーをやってみた

さっそく、館内をまわってみたいと思います!

(1)東京湾に注ぐ川ゾーン

東京湾に注ぐ川ゾーン

水族館に入って、まず目に入るのは「東京湾に注ぐ川」というエリアです。このエリアは、大きな木が目印となっており、水族館の中でも一際目を引く場所となっています。

ARスタンプラリーのマーカーとなっているミシシッピアカミミガメの解説パネル
ミシシッピアカミミガメ

ミシシッピアカミガメです。 体はそこまで大きくないのですが、とても速い動きで写真を撮るのが大変でした・・・!

そして、そんな場所にもなんとスタンプラリースポットが!

ARスタンプラリーとミシシッピアカガメの解説パネル

実際にやってみると、先ほどダウンロードしたARアプリでパネルをかざすと動画が流れてきて、 オレンジのボタンをおすとスタンプがたまりました!

(2)群れをつくる魚たちゾーン

群れをつくる魚たちゾーン

さて、さらに奥に進んでみるとイワシの群れが印象的な「群れをつくる魚たちゾーン」にたどり着きました。 中でも沢山のイワシが高速で泳いでいる水槽は思わず見とれてしまいました!

さらに、ここでもスタンプラリーを発見!アメリカンロブスターです。

アメリカンロブスター
ARスタンプラリーのマーカーとなっているアメリカンロブスターの解説パネル

出てきた動画によると、本来はアメリカンロブスターは太平洋に生息していましたが、たまたま外国からの船に幼生が付いてきたのではないか、という説もあるそうです。そんな偶然から日本に来たロブスターが、今では水族館で見ることが出来たり、高級食材として食べることが出来るなんて、、、、

(3)クラゲたちの世界で写真撮影

「クラゲたちの世界」入り口

次に訪れたのは、しながわ水族館の人気スポット「クラゲたちの世界」。 このゾーンでは、全部で4種類のクラゲ達を見ることができます。

ミズクラゲ

このクラゲたちと一緒に写真を撮れることで人気のフォトスポット「クラゲフォトスタジオ」で 私も写真を撮ってみました。水槽を照らす光が時間の流れとともに変わっていく中で動いているクラゲたちは とても幻想的で、思わず私もこんな表情になってしまいました。

(4)世界の大河からゾーン

さて、さらに先に進みましょう。次に「世界の大河」ゾーンにきました。ここにはアマゾンや東南アジアからやってきた生物たちが、大迫力で待ち構えていました。

ARスタンプラリーのマーカーとなっているアリゲーターガーの解説パネル
アリゲーターガー

ここでもスタンプラリーを発見しました!水槽の中には3種類の生き物が泳ぎ回っており、その中でもアリゲーターガーのパネルが スタンプラリーのマーカーになっていました。

大樹の長老

ちなみに「世界の大河」ゾーンにはプロジェクションマッピングを駆使して、 大樹の長老が生物たちを説明してくれる仕掛けもありました!

(5)トンネル水族館

トンネル水族館

さらに進むと、しながわ水族館でも人気スポット「トンネル水族館」が目の前に広がりました。このトンネルの水槽は500トンもの水量があり、中にはおよそ60種類、約900匹の生き物たちが いるそうです!このトンネルはとにかく美しく、まるで自分が海の中に入り込んでしまったかのような感覚になるほどでした!

エイ
カニ

また、館内では毎日様々なイベントが開催されています。ちょうど私たちが訪れた時間に、多目的ホールでは「イルカの窓」というプロジェクションマッピングがスタートしたところでした。 実際のイルカの水槽の横にイルカ型のスクリーンがあり、本物のイルカと映像のコラボレーションを見ることができる贅沢なショーでした!

(6)多目的すいぞくかん

さて、プロジェクションマッピングを見たあとは、「多目的水槽」へ向かいましょう。ここでも外来生物展が開催されており、スタンプラリーの最後の目的地にはチュウゴクオオサンショウウオが待ち構えていました。

ARスタンプラリーのマーカーとなっているチュウゴクオオサンショウウオの解説パネル

チュウゴクオオサンショウウオは、外見は強暴そうに見えましたが水槽の中にいるせいかおっとりしたうごきでした!そして、ARアプリでチュウゴクオオサンショウウオのパネルをかざしたら、、すべてのスタンプを集めることが出来ました!

ARスタンプラリーコンプリートの様子

さて、ここから隠しパネルの場所が分かるようです。 次のページに進みましょう。

ARスタンプラリーコンプリートで隠しマーカーがわかる

なんと!すべてのスタンプをためるともらえる隠しパネルは、館内を回る際に手に持っていたポスターだったのです!

では、苦労して手に入れた隠しマーカーにかざしてみましょう。最後にポスターをかざして出てきた記念フォトフレームでこんな写真を撮ることが出来ました!

隠しARパネルで登場したペンギンや王冠が現れるARフォトフレーム

見事! 外来生物展スタンプラリーを制覇しました!!おおよそ10年ぶりに訪れた水族館でしたが、まわっているうちに徐々に楽しくなり つい童心に返ってはしゃいでしまいました。はしゃぎすぎて翌日、筋肉痛になりました。

そして結果!彼氏ナシのお一人様でも、しながわ水族館は楽しめました!!

しながわ水族館の鯨の尾のオブジェ

それでは、みなさんまたお会いしましょう!

INFO

関連リンク

  1. しながわ水族館 ホームページ

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION