AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

東京五輪の選手村跡地に建設予定の街「HARUMI FLAG」をAR/VRで先行体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020年の東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京五輪)で選手たちが利用予定の「選手村」跡地の再開発事業「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」を先行体験できる施設「HARUMI FLAG パビリオン」ではAR/VR技術を活用した展示が行われています。

44haという広大な敷地で、オリンピックでは18000人、パラリンピックでは8000人の滞在が可能となる選手村は、東京五輪後には再開発がおこなわれ、ひとつの「街」として生まれ変わる予定です。再開発事業のプロジェクト名は「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」。

HARUMI FLAGでは選手村跡地のうち約18haを利用して、東京都により分譲街区化が進められます。全4145戸の住宅地のほか、交通・商業・公園・学校・保育といった住環境に必要な地区が整備されるとのこと。本プロジェクトに伴い、2019年4月には「HARUMI FLAG パビリオン」がオープン。AR/VRなど最新技術を用いて、「HARUMI FLAG」を先行体験できる施設となっています。

VIRTUAL STAGE MIERVA内映像

出典:CNET Japan

「HARUMI FLAG パビリオン」内の展示「VIRTUAL STAGE MIERVA」では、半円柱形状の「VRドーム」に実物サイズのHARUMI FLAG内の施設がVR空間で表示され、入場者数人で同時に視聴できるようになっています。

また、1/150スケールの模型展示にタブレットをかざすことで、施設名や街区の説明などがARアニメーションで閲覧できる企画も用意されています。

その他、HARUMI FLAGプロジェクトの内容について見聞が深められる様々な展示がされています。

ARGO編集部のひとこと

建設予定の「街」という実物を見せての展示が困難なものを、AR/VRを使って簡単に体感できるようにしている本企画。最新技術を導入することで、広い街区で実際に車などを使って説明するといった手間も省ける施策ですね。

INFO

施設情報

施設名:HARUMI FLAG パビリオン

営業時間:10:00~17:00

定休日:火曜日・水曜日・木曜日

見学にはオフィシャルサイトから要エントリー

※完全予約制

関連リンク

  1. HARUMI FLAG

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION