AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

TOP > MEDIA > ARニュース > アバターを現実に重ね合わせる、VRMモデルに対応したARカメラアプリ「Vismuth」がリリース

アバターを現実に重ね合わせる、VRMモデルに対応したARカメラアプリ「Vismuth」がリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019年3月4日、VR/AR/MR領域のコミュニケーションサービスを手がける株式会社GATARIは、アバターのいる生活を切り取ることができるARカメラアプリ「Vismuth(ビスマス)」の配信を開始しました。

本アプリでは、用意されたデフォルトの3Dモデルに加え、ユーザー自身が所持する3Dモデルを現実に重ね合わせて写真を撮ることが可能。数十種類のポーズ・表情の選択や、アバターが地面に落とす影の表示、エフェクト効果などによって、モデルがあたかも現実世界にいるかのような実在感のある写真を撮ることができます。

また、VRアプリ向けの人型3Dモデルデータを扱うためのファイルフォーマット「VRM」や、作成した3Dキャラクターモデルを投稿して他のユーザーと共有できるプラットフォーム「VRoid Hub」にも対応。データの管理や他ユーザーとの共有も簡単におこなうことができます。

自分の部屋にお気に入りのキャラクターを呼び出して、自分だけの特別な写真を撮影しましょう。

INFO

ARアプリ「Vismuth」
関連リンク
  1. Vismuth 公式サイト
  2. 株式会社GATARI 公式サイト
  3. 株式会社GATARI プレスリリース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。