AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

これから建つ家をARで確認できるサービス「build+」が中部地方で初導入!不動産の販売の支援ツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

これから建つ家をARで確認できるサービス「build+(ビルドプラス)」が中部地方で初導入されました。本ARサービスは空き地に3DCGの家を表示させることができるサービスで、不動産の販売を手掛ける株式会社不動産SHOPナカジツで導入され、営業支援ツールとして活用されます。

不動産SHOPナカジツが導入したARでこれから建つ家を確認できるサービス「build+」利用イメージ

出典:PRTIMES-ASATEC株式会社のプレスリリース

ASATEC株式会社が提供する住宅販売時の営業支援サービス「build+(ビルドプラス)」は、AR技術に加え、デジタルツインや景観認識などの技術も駆使されています。今回「build+」を採用した株式会社不動産SHOPナカジツは、本サービスを通して同社が販売する愛知県岡崎市内にある分譲地の着工前の土地に、これから建設する家をARで出現させることで、建設後のイメージを顧客にわかりやすく伝えることができます。

また、本サービスは土地の周辺の景観を認識し、より本物に近い体験を提供できるため、広さや間取りのイメージなど、土地だけではイメージするのが難しい情報も顧客とわかりやすくシェアすることが可能になり、顧客の購買意欲を促進することが見込めます。

「MetaTown」という専用アプリがあれば体験できるという簡単さも大きな魅力です。これを機に全国の不動産業界にARを活用したサービスが広がっていくかもしれません。

ARGO編集部のひとこと

情報を視覚化できるAR技術は、わかりやすくイメージやデータを共有することができるため、現在では歴史観光分野の展示、家具・家電分野のシミュレーション、土木・建築業界における情報共有など様々な分野で導入されています。また、AR技術はスマートフォンやタブレットなど、デバイスひとつあれば誰でも簡単に利用できるのがメリットで、今後さらに普及していくことが期待されています。

INFO

ARアプリ「MetaTown」

関連リンク

  1. PRTIMES-ASATEC株式会社のプレスリリース

関連記事

ARで住宅を3D表示できる株式会社ライフの取り組み体験風景

ARで住宅を3D表示!株式会社ライフの取り組みについて聞いてみた

AR等を活用してハイブリッドな世界を実現できるアプリ「MetaTown」メインビジュアル

AR等を活用してハイブリッドな世界を実現できるアプリ「MetaTown」リリース!現実の世界と仮想世界を融合

家具・家電をARでシミュレーションできるアプリ「Urbanbase AR」利用イメージ

家具・家電をARでシミュレーションできるアプリ「Urbanbase AR」提供開始!販売促進ツールとして利用可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新着記事

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談