AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ARスタンプラリーが楽しめる! 「響け!ユーフォニアム」と宇治市がコラボした宇治ウィンターフェスタが開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「響け!ユーフォニアム」のARスタンプラリーが京都府宇治市で2021年2月28日まで開催されています。本イベントは、アニメの舞台となった宇治市を散策しながら、ARスタンプの収集を楽しむというもの。

イベント期間中、3つの指定スポットを訪れる「コンプリートミッション」をクリアすると、自分の好きな場所でキャラクターと撮影ができるイベント限定の「マイAR」も手に入れることができます。

アプリ「舞台めぐり」で撮影できる「響け!ユーフォニアム」のAR写真

出典:舞台めぐり 詳細ページ

ARスタンプラリーを楽しむには、アプリ「舞台めぐり」のダウンロードが必要。舞台めぐりは、スマートフォンのGPS機能を活用したアプリ。アニメの舞台を簡単に検索したり、アニメのシーンを見ながら同じシーンを撮影したり、キャラクターとAR写真を撮影したりと、「聖地巡礼」に欠かせない機能が搭載されています。

今回のARスタンプラリーは、 アニメ「響け!ユーフォニアム」と宇治市がコラボしたイベント「宇治ウィンターフェスタ」のコンテンツの1つとなっています。

ARスタンプラリーのほかにも、地元の中高生によるリモート吹奏楽演奏会や原作者である武田綾乃さんのトークショー、イベント限定のスペシャル動画の放映、等身大パネルの設置など、ファンにうれしいコンテンツが盛りだくさんのイベントとなっています。

ARGO編集部のひとこと

本イベントのように、ARを活用することで来場者に街全体を周遊してもらうことができます。それにより、電車などの交通機関の利用や商店街の活性化による、売上の向上などが期待できます。ARを活用したスタンプラリーの施策はこちらのリンクからお読みいただけます。

INFO

ARアプリ「舞台めぐり」

関連リンク

  1. 宇治市公式サイト 詳細ページ
  2. 舞台めぐり 詳細ページ
  3. アニメ「響け!ユーフォニアム」公式サイト

関連記事

Sound AR™ を活用した「にじめぐり 京都編」

Sound AR™ を活用した街巡り「にじめぐり 京都編」が2020年9月1日(月)からスタート!『京まふ2020』にあわせて実施。

ARスタンプラリーが楽しめるエヴァンゲリオン×阪神高速コラボ【阪神高速2020計画】

ARスタンプラリーやTwitterリツイートキャンペーンが楽しめる!エヴァンゲリオン×阪神高速コラボ【阪神高速2020計画】が再始動

「頭文字D」のARスタンプラリー"/

ARスタンプラリーで「頭文字D」の聖地巡礼をしよう!連載25周年企画開催


COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION