AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

国内初の「ARマラソン」 開催!オンラインいわきサンシャインマラソン2020が12月にスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

国内初となるARマラソンが福島県のいわき市で開催されます。ARマラソンは、新型コロナウイルス感染症の影響で、今年は中止となってしまった「いわきサンシャインマラソン」をオンラインで楽しむためのコンテンツ。

マラソンコースに設置されているQRコードをスマートフォンで読み取ると、大会に出場したようなAR写真を撮影することができます。

オンラインいわきサンシャインマラソン2020で実施されるARマラソンのイメージ

出典:福島民友新聞 詳細ページ

AR写真は、コース内の5つのスポットで撮影することが可能。ゲストランナーとして出場予定だったアテネ五輪の金メダリスト・野口みずきさんと一緒に撮影できるスポットも用意されています。また、いわき市を舞台としたノンフィクション映画『フラガール』にちなみ、フラガールと一緒に撮影できるスポットも。

本イベントでは、ARマラソンのほかにも、先着2,000名限定で参加賞や合計42.195km以上走行すると抽選で特別賞が贈呈される「オンラインマラソン」も開催。

開催期間中であれば、スタート地点もコースも自由に選んで走ることができます。なお、開催期間は、2020年12月24日~2021年1月6日まで。オンラインマラソンの参加費は税込2,000円とのことです。

国内初の試みとなるオンライン・ARマラソンについて、ゲストランナーの野口みずきさんは、「マラソンの新しい形ができて良かった。いわきの魅力を楽しんで私も走りたい」とコメントしています。

ARGO編集部のひとこと

コロナ禍のなかでこうしたスポーツイベントは中止が余儀なくされていますが、ARなどのデジタル技術を活用することで、いまの状況に合ったベストな施策・イベントを開催することが可能です。また、ARやVRなどの最新技術を駆使することで、イベントの目玉コンテンツとして各所へのPRもしやすくなります。

INFO

関連リンク

  1. オンラインいわきサンシャインマラソン2020

関連記事

Rouvy ARを使った「赤城山ARヒルクライム」

ARでバーチャルレース大会!「Rouvy AR」を使った「赤城山ARヒルクライム」開催

世界初のランナー用ARグラス「Ghost Pacer(ゴーストペイサー)」

世界初のランナー用ARグラス「Ghost Pacer(ゴーストペイサー)」が登場!ARランナーとリアルタイムで並走でき

凸版印刷が開発した「WithShot™️」

ARで芸能人と記念撮影ができるサイネージ開発!凸版印刷による「WithShot™️」


COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION