AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

日本橋でAR技術を活用したアイデア募集!「未来特区プロジェクト-クリエイター特区-」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ARを活用して日本橋を展示空間へと変えるアイデアが、三井不動産創立80周年記念事業「未来特区プロジェクト」において募集されています。「こんなことが日本橋という街にARで実現したら面白い!」というアイデアを募集している本プロジェクトは、集まったアイデアにAR三兄弟の川田十夢氏のAR技術を掛け合わせることで、これまでにない新しい日本橋の姿を創出するというもの。採択されたものは2022年5月下旬〜6月下旬まで展示される予定です。

日本橋でAR技術を活用したアイデアを募集している「未来特区プロジェクト-クリエイター特区-」のARギャラリーイメージビジュアル

出典:株式会社クリーク・アンド・リバー社 ニュースリリース


ARを活用して日本橋を面白くするアイデアを募集

「こんなことが日本橋という街にARで実現したらワクワクする!」というアイデアを募集する本プロジェクトにおいて、採択されたアイデアはAR三兄弟の川田十夢氏の手でAR作品として創作されます。完成した作品は、2020年5月下旬〜6月下旬まで、日本橋の仲通りや福徳の森などで展示される予定です。

「AR」が持つ可能性と、江戸時代の五街道の起点・伝統と革新が共存する日本橋の「街」が持つストーリー、そしてARを活用して現実を拡張してきた川田十夢氏と募集された「アイデア」を掛け合わせ、これまで見たことのない新しい日本橋の姿が創り上げられます。

デジタル×リアル空間を融合する「未来特区プロジェクト」

三井不動産株式会社が創立80周年記念事業の一環として立ち上げた「未来特区プロジェクト」は、街づくりの取り組みを新たな次元に引き上げ、新しい事業の創造に向けてパートナーとの共創を模索します。また、その中でも「クリエイター特区」は、クリエイターの創造力・想像力を活かし、デジタル・リアル空間が融合した新たな場作り・事業創造を目指すプロジェクトです。

AR技術を取り入れ、デジタルとクリエイティビティを融合させることで、制約から解放され、より街を自由にデザインすることができると期待されています。

ARGO編集部のひとこと

現実の風景に3DCGを重ね合わせることができるAR技術は、臨場感があるリアルな演出が可能になり、これまでになかったリアルな体験を提供することが可能です。従来実現できなかった表現が可能になるため、街の魅力の再発見にもつながり、現在では地域の活性化における施策などで導入されています。

INFO

「未来特区プロジェクト-クリエイター特区-」アイデア公募

募集期間:2021年12月14日(火)~2022年2月15日(火) 23:59

募集内容:「こんなことが日本橋という街にARで実現したら面白い!ワクワクする!」というアイデア

※AR技術不要・企画書のみでOK

展示期間:2022年5月下旬~6月下旬(予定)

賞金:賞金1点(アイデア)につき100万円(2アイデア、賞金総額200万円)

関連リンク

  1. 株式会社クリーク・アンド・リバー社 ニュースリリース
  2. 未来特区プロジェクト-クリエイター特区-

関連記事

新聞×ARのアイデアコンテスト「日経ARアワード」イメージ

新聞×ARのアイデアコンテスト「日経ARアワード」第3回大会開催中!応募は2021年10月20日まで

AR/VR/MR/コンテンツを募るグローバルアワード「NEWVIEW AWARDS 2021」

AR/VR/MR/コンテンツを募るグローバルアワード「NEWVIEW AWARDS 2021」公募開始!

クラウドサーカス株式会社が提供するウェブAR制作ツール「LESSAR」に実装された3Dモデルを作れる「3DA」機能利用イメージ

3Dモデルを簡単に作ることができる「3DA」機能が登場!クラウドサーカス株式会社が提供するウェブAR制作ツール「LESSAR」に実装


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新着記事

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談