AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

東京など6都市でAR/MRコンテンツの配信が可能に!「リアルメタバースプラットフォーム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東京など6都市に向けてAR/MRコンテンツの配信ができる「リアルメタバースプラットフォーム」の実装が完了し、2021年12月20日(月)より利用可能になりました。都市空間に合わせたAR/MRコンテンツの作成・公開・配信が可能になる本サービスでは、ユーザーは実際のロケーションに足を運び、専用のアプリケーションを利用することで、AR/MRコンテンツを体験できます。

都市空間に向けたAR/MRコンテンツ配信可能

株式会社Psychic VR Labが提供するAR/VR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」は、東京・大阪・札幌・福岡・京都・名古屋・札幌の6都市で「リアルメタバースプラットフォーム」の実装を完了しました。これまでに渋谷の街をリアルメタバース化し、様々なAR/MRコンテンツの配信を行ってきた「STYLY」は、東京ではさらに広範囲に、そして各地方都市においてもAR/MRコンテンツの配信を可能にしています。

各都市の3Dデータを活用して、AR/MRコンテンツを作成・公開することで都市空間に合わせた作品を配信することができる本サービスでは、交通や人流などの都市データを取り込むことも可能。AR/MRを活用してユーザーの街歩きなどの回遊施策や、情報の視覚化などに活かすことができます。

「リアルメタバースプラットフォーム」とは

「メタバース」を「『テクノロジーで拡張された知覚』によって認識可能になった新たな世界」と捉えている同社は、人間が認識している主観的な世界をテクノロジーによって拡張することで、これまで認識できなかった世界を知覚可能にしたものがメタバースの本質であると定義しています。

「人間中心のリアルな自分を起点としたメタバース」=「リアルメタバース」のためのOSとしてSTYLYを発展させていくとのことです。

STYLYは、2022年上期を目処に、一般人でもAR/MRコンテンツを都市空間に配信することができる機能を追加する方針。今後はIPとコラボした都市スケールのAR/MRライブなどのエンターテインメントや、国内対応の推進・海外主要都市への対応と展開していくとしています。

ARGO編集部のひとこと

AR技術は現実の風景に3DCGなどの情報を重ね合わせることができるのが特徴で、空間や体験に付加価値を与えたり、情報の可視化によって利便性を高めたりすることができます。街で行われる施策にAR技術を導入する事例は増加しており、観光・旅行分野地域の活性化などにおいて様々な施策が登場しています。

INFO

ARアプリ「STYLY」

関連リンク

  1. 株式会社Psychic VR Lab ニュースリリース

関連記事

梅田の上空にARの「天空の城」が出現する「XRシティ™OSAKA-UMEDA」イメージ

梅田の上空にARで「天空の城」が出現!?「XRシティ™OSAKA-UMEDA」を期間限定で開催中

音声ARで博多旧市街地の魅力を再発見できる音声コンテンツ利用イメージ

音声ARで博多旧市街地の魅力を再発見!オリジナルドラマなど3コースの音声コンテンツが楽しめる

ARラリーでおうちにいながら「ぶり・ノーベル街道」を楽しめるキャンペーンのポスター

ARラリーでおうちにいながら「ぶり・ノーベル街道」を楽しもう!第1弾は飛騨市古川町と神岡町


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談