AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

羽田空港×国立歴史民俗博物館、日本文化を紹介した企画展を開始。AR作品の展示も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019年9月11日(水)~9月27日(金)の間、東京国際空港ターミナル株式会社国立歴史民俗博物館とのコラボレーション企画「羽田×歴博 Think Japan 日本の魅力を、考える。」の開催を発表しました。

「羽田×歴博 Think Japan 日本の魅力を、考える。」で展示されるAR作品

出典:東京国際空港ターミナル株式会社

テーマは「宴 UTAGE ~集い、戯れ、喜び、舞う。~」で、日本文化に強く根付いている「宴」をさまざまな資料とともに紹介します。本企画にはAR技術が活用されており、羽田空港国際線ターミナル5Fにあるはねだ日本橋では、AR体験型ゲーム『屏風から家光を探せ、からの、取り出す江戸時代』が楽しめます。

このゲームは国立歴史民俗博物館が所蔵している『江戸図屏風』と『江戸橋広小路模型』をモチーフにAR三兄弟が開発。展示物『江戸図屏風』にスマホをかざし、9枚の絵の中に隠れた徳川家光を探します。ゲームをクリアすると、江戸時代をまるごと取り出せる特殊な機能を体験できます。

本プロジェクトは、日本各地域の土壌が育んだ豊かな文化資源をアーティスト・クリエイターたちが、その魅力を新たな視点で表現。展示されたメディア芸術作品をきっかけに、訪日観光客を日本文化の新しい魅力に出会う旅へと促すために実施されました。

上記企画に加え、空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業プロジェクトの一環として、文化庁主催の「メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム」も同時開催されています。

ARGO編集部のひとこと

AR技術を使えば、展示物を体験型ゲームにできたり、精巧な建物を3D映像で立体的に表示したりと、多様な表現が可能になります。ARの活用により、訪日観光客に向けて古くから伝わる日本文化をより魅力的に紹介できそうですね。

INFO

イベント情報「羽田×歴博 Think japan 日本の魅力を、考える。」

開催期間:2019年9月11日(水)~9月27日(金)

入場料:無料

場所:羽田空港国際線ターミナル

〒144-0041 東京都大田区羽田空港2-6-5

関連リンク

  1. 「羽田×歴博 Think Japan 日本の魅力を、考える。」プレスリリース
  2. 羽田空港国際線旅客ターミナル 
  3. 国立歴史民俗博物館

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION