AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

森美術館でAI、ARなど最先端技術から着想を得たアート展「未来と芸術展」を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

森美術館 で2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)まで「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのか」が開催されます。

「未来と芸術展」のバイオ・アトリエに展示されるゴッホの切り落とされた耳の再現作品

出典:fashionsnap

近い将来、テクノロジーが発展し、人口知能AIの賢さが人間を超えて私たちの仕事や生活、社会が急激な変化をもたらす『シンギュラリティ』がやってくる言われています。そのような中で、食・医学・環境も多大なる影響を受けると いわれていて、急激に変化していく時代に備え、『豊かさとは何か』『人間とは何か』『生命とは何か』という根源的なことをARTを通して考えるきっかけを与えてくれる展覧会となりそうです。

本展は5つのセクション「都市の新たな可能性」「ネオ・メタボリズム建築へ」「ライフスタイルとデザインの革新」「身体の拡張と倫理」「変容する社会と人間」で構成され、AI、バイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)など最先端のテクノロジーやその影響を受けた100点を超える作品が並びます。

ゴッホの親族のDNAを合成し、ゴッホが切り落としたとされる左耳を再現した作品などバイオ技術を用いたアート作品が注目を集めそうです。

ARGO編集部のひとこと

子どもの頃に手塚治虫の漫画を読み、未来について考えて本当にこんな時代が来るのかなと思っていましたが、いつの間にか子どもの頃に描かれていた未来は実現されていき、もう未来ではなくなってしまいました。ARの技術も日々進化し、近い将来目新しいものではなくなり、当たり前に利用される日が来るのだと思います。そのような中で、この展覧会は人の本来あるべき姿を考えるよいきっかけになりそうです。

INFO

イベント情報「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのか」

開催期間・開催日:2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)

場所:森美術館

料金:一般 1,800 円 学生(高校・大学生)1,200円 シニア(65歳以上)1,500円 子ども(4歳~中学生)600円

関連リンク

  1. 森美術館

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION