AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

日経、「新聞×AR」の表現アイデアコンテストを開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

株式会社日本経済新聞社は、AR技術を活用した「日経AR」アプリを用いて、新聞とARを組み合わせた表現のアイデアを公募する「日経ARアワード」の開催を発表しました。

紙面で「日経ARアプリ」を使用したイメージ

出典:株式会社日本経済新聞

「日経ARアワード」は、日本経済新聞と日経ARの組み合わせでどのような表現ができるか、広く公募するアイデアコンテストです。協賛企業が提示する「応募課題」に沿って、「新聞×AR」の斬新な表現アイデアを募集。優秀なアイデアには「グランプリ」(1点)、「協賛社賞」(4点)がそれぞれ贈られます。

「日経ARアプリ」は、スマホやタブレットにインストールしたアプリを新聞にかざすと、紙面の写真画像が3D映像として浮かび上がり、動画や音などが流れます。従来の新聞は、紙面に印刷された文字や画像を読むだけでしたが、ARとの組み合わせにより、「新聞を体験する」という新しい感覚が味わえるようになりました。

2018年11月のリリース以来、ダウンロード数は2019年8月時点で13万を記録。ARに対するニーズの高さがうかがえます。

応募はプロのクリエイターである必要はなく、一般の読者の方やARに関心がある方、広告表現に関心がある方、学生の方など誰でも応募できるとのこと。

コンテストに関する詳しい情報は、特設サイトから確認できます。

ARGO編集部のひとこと

いままでARを活用してきた事例は数多く見てきましたが、ARの表現の可能性を探るコンテストは日本初の試みではないでしょうか。本イベントの開催は、ARの認知度が徐々に高まってきたことがうかがえます。また公募を広く募ることによって、新しいAR表現が誕生するかもしれませんね。

INFO

ARアプリ「日経AR」

関連リンク

  1. 株式会社日本経済新聞社
  2. 日経ARアワード 特設サイト

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION