AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ARアートとライトアップが有馬温泉市街地で楽しめる!「有馬アートナイト」が開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ARアート展「有馬アートナイト~質量からの旅の追憶」が兵庫県神戸市で有馬温泉市街地を舞台に2020年11月23日(日・祝)まで開かれています。専用のアプリをダウンロードしカメラで特定の場所にかざすとAR演出を見ることができます。

本イベントは有馬温泉市街地にある4つの源泉地、
・「天神泉源」
・「御所泉源」
・「極楽泉源」
・「妬(うわなり)泉源」や、
その周辺が舞台。美術作家である岡本 啓氏と中島 麦氏が手掛けたAR演出と色彩と光のインスタレーションが鑑賞できるイベントです。

ARアート作品を専用アプリで楽しめる

出典:有馬アートナイト

AR演出は、専用アプリ「ARIMA ART NIGHT」をダウンロード・インストールし、夜の有馬温泉市街地の坂道や壁面など特定の場所にARカメラをかざすことで鑑賞できます。スマートフォン上では両氏による作品が表示されるとのこと

ARの出現スポットはアプリ内の周遊マップから見られるようになっています。

AR演出のほかにも、上記4つの源泉地では泉源を色彩と光でライトアップした「泉源ライティングインスタレーション」が展示されています。

専用アプリはAR作品を鑑賞できる機能以外にも、有馬温泉のおすすめスポットや施設、飲食店などの情報が掲載されているので観光に便利です。さらに、周遊スタンプラリーも同時開催されており、気に入ったARアートや泉源ライティングインスタレーションをスマートフォンで3枚撮影すると有馬温泉観光協会の窓口にて景品と交換できるようになっています。

ARGO編集部のひとこと

観光地でARアートなどARを導入することで地域活性化につなげています。 博物館や美術館などでもARは導入されることが多くなっていますが、ARアートは街中など展示物を置くスペースが厳しい場所でもスペース削減することができます。非接触で観光資源に触れることができ、新しい時代の観光スタイルとしても注目です。

INFO

ARアプリ「ARIMA ART NIGHT」

イベント情報「有馬アートナイト」

開催期間・開催日:2020年10月17日(土)~2020年11月23日(月・祝)

場所:有馬温泉市街地各所

関連リンク

  1. 有馬アートナイト~質量からの旅の追憶

関連記事

ARが観光事業・地域活性化に大活躍!そのメリットと魅力を、実際の活用事例を交えてご紹介

ARが観光事業・地域活性化に大活躍!そのメリットと魅力を、実際の活用事例を交えてご紹介

AR・VRなどXR技術で新しい博物館体験!「ドコモ×国立科学博物館 XRで楽しむ未来の展示」実施

AR・VRなどXR技術で新しい博物館体験!「ドコモ×国立科学博物館 XRで楽しむ未来の展示」実施

音声ARを活用した「和歌山市観光アプリ」配信開始!観光再活性化を目指す

音声ARを活用した「和歌山市観光アプリ」配信開始!観光再活性化を目指す


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION