AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ウェブAR「DAIKEN AR」で宅配ボックス・ゴミ収集庫ARシミュレーション配置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

株式会社ダイケンは、製品の設置予定現場をiPhone・iPadカメラで映しながらシミュレーションできるサービス「DAIKEN AR」を発表しました。

DAIKEN AR

出典:「DAIKEN AR」公式サイト

「DAIKEN AR」はカメラで現場を映しながら、製品の実物大3D画像をリアルタイムでカメラ越しに表示できます。 確認できる商品は屋外向けの宅配ボックス、屋内向けの宅配ボックス、ごみ収集庫など9点。

製品サイズを気にしたり、設置現場のサイズを計測してイメージするなどの手間がなくなり、その場で製品の設置イメージを確認することができます。

ARGO編集部のひとこと

イメージしにくい商品のサイズ感や、設置現場に置いた時のイメージをARで伝えることができるので、クライアントへの訴求効果を高めることができますね。 こちらはウェブARの活用となっているためアプリのダウンロードなどなく、クライアント先でも体験してもらいやすそうです。

INFO

関連リンク

  1. 株式会社ダイケン ニュースリリース
  2. maker park

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION