AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ARでガーデニングやエクステリア商品を試し置き! 無料アプリ「メタバガーデン」がリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

AR技術によって、ガーデニングやエクステリア商品を自宅に試し置きできるアプリ「メタバガーデン」を株式会社タカショーがリリースしました。ARを活用した「メタバガーデン」は、同社が販売する商品を実物大で現実世界に表示することが可能。自宅の庭や車庫まわりなどの外構にAR表示し、設置イメージをシミュレーションすることができます。

「メタバガーデン」の表示画面のイメージ

出典:Google Play 詳細ページ

本アプリでは、「ファサード」「フェンス・スクリーン」「お庭」「車庫まわり」「ファニチャー」の5つのカテゴリーに分類された多様な商品の試し置きができます。

アプリのカメラで設置したい場所に商品をタップすれば、目の前に商品が出現。ARで試し置きした商品はサイズやカラー変更も可能。設置したい空間の広さや雰囲気にあった商品を探すことができます。違うカテゴリーの商品も同時に設置できるので、トータルコーディネートもOK。また、室内から見える場所にも表示が可能なため、家の窓から見えた外構や庭の景観をシミュレーションすることも。ARで商品を設置した画面は保存もできるので、家族で相談したり、顧客への提案資料などとしてビジネスでも活用ができます。

選んだ商品の概算金額も確認できるので、予算に合わせたシュミレーションが可能です。さらに、「VR ビューモード」を搭載。スマホ用 VR ゴーグルがあれば、より立体感な空間シュミレーションが実現します。

「ショールームで商品を気に入ったものの、自宅の外構の雰囲気と合うか分からない」、「自分の庭に置くことができるサイズか分からない」などの消費者の悩みを解消できるARアプリとなっています。なお、アプリのダウンロードは無料とのことです。

ARGO編集部のひとこと

ガーデニングやエクステリア商品などの大型サイズの商品はWEBサイトや紙のカタログからは、設置のイメージが掴めないという、ユーザーの悩みを解消することができるARアプリとなっています。また、シュミレーション後にそのまま購入できるという点も気軽に外出できないコロナ禍の今にマッチしたサービスといえます。不動産や建築業界においてもARを活用する例はとても多くなっています。

INFO

ARアプリ「メタバガーデン」

関連リンク

  1. 株式会社タカショー ニュースリリース

関連記事

Amazonのロゴ画像

ARで複数の家具家電を自宅に試し置きできる 「Room Decorator」をAmazonがリリース

"大建工業株式会社が製品カタログ「ペットと暮らす」</a

ARカタログで製品の特長をアピール!大建工業株式会社が製品カタログ「ペットと暮らす」をリニューアル

「WebAR」「Place3D」のサムネイル

ARシミュレーションで配置をイメージ!「WebAR」「Place3D」の提供開始


COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION