AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

世界最大のARスポーツ「HADO」の世界大会が開幕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本発、世界最大級のARスポーツ「HADO」の2018年シーズンが開幕しました。「HADO」とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にはアームセンサーを装着し、自分の体からエナジーボールやシールドなどの技を放ち、相手と対戦するという、ウェアラブル端末と最新AR技術を駆使した「テクノスポーツ」です。

開発元である株式会社meleapのCEO福田氏の「かめはめ波を打ってみたい」という長年の夢を実現すべく開発された、まさに幼い頃に憧れたヒーローになれる、大好きなアニメや漫画の世界を体感できるゲームです。HADOは現在、インドネシア、マレーシア、韓国、シンガポール、アメリカ、ベトナム、スペインと、世界8ヶ国16ヶ所にプレイフィールドを展開。これまでに80万人以上が体験しています。

そんな全世界でプレイされる人気ゲームであるHADOの世界大会がSPRINGシーズン、SUMMERシーズン、CLIMAXシーズンの3シーズンで開催されます。CLIMAXシーズンの最後にメインイベントでもあるWORLDCUPを開催。全世界の強豪チームが東京に集結し、優勝を目指してバトルを繰り広げます。勝利チームへの報酬総額はなんと年間で120,000米ドル!(日本円で約1,288万1,065円※4月6日時点換算)。白熱したバトルになることは間違いないでしょう。

また、今期の新しい取り組みとして、上級者向けのMASTER'S LEAGUEと初心者向けのBEGINNER'S CUPを分けて開催。HADO上級者はBEGINNER'S CUPに参加NGなので、初心者チームでも気軽に参加することができます。

HADOだけでなく、ITとスポーツの融合である「テクノスポーツ」から今後も目が離せません。


ARGO編集部のひとこと

体験者はヘッドマウントディスプレイやセンサーを装着するだけで参加できるという手軽さで、全国のアミューズメント施設などでにも人導入されている「HADO」。AR技術を使っているため、天候を気にせず屋内で体を動かせるスポーツとして今後も一般に普及が続きそうです。

INFO

大会概要

<SPRING CUP概要>
・日程 :2018年4月21日(土)13:00~16:30
・会場 :スターライズタワー(東京タワー隣)
・出場者:各予選大会で優勝した8チーム
・予選大会の日程(2018年)
   2月4日(日) 13:00~ ソプラティコ横浜関内
   2月12日(月) 13:00~ サードプラネット横浜本店
   2月25日(日) 13:00~ サードプラネット横浜本店
   3月4日(日) 13:00~ VREX渋谷宮益坂店
   3月11日(日) 13:00~ ソプラティコ横浜関内
   3月18日(日) 13:00~ VREX渋谷宮益坂店
   3月25日(日) 13:00~ ソプラティコ横浜関内
   4月8日(日) 13:00~ VREX渋谷宮益坂店

<BEGINNER'S CUP概要>
・日程 : 3月21日(水・祝)13:00~17:00
・会場 : サードプラネット横浜本店
・出場者 : HADO WORLD CUP 2017に出場していないチーム

 <MASTER'S LEAGUE概要>
・日程 : 2~4月
・会場 : meleapアリーナ
・出場者: HADO WORLD CUP 2017に出場したチーム

関連リンク

  1. HADO | THE FUTURE OF SPORTS
  2. meleap株式会社|HADO 公式サイト

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION