AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ARで進む工事現場の効率化。復建調査設計が体験デモを開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020年1月23日(木)、復建調査設計株式会社は鳥取県北栄町・山陰自動車北条道路の計画地で、ARで道路構造を確認できる体験会を行いました。

今回のデモストレーションは、中国地方整備局倉吉河川国道事務所の協力を得て実施。スマートフォンやタブレット、MRヘッドセット・HoloLens2を使用して、参加した多くの地元関係者らが道路3Dモデルを体感しました。

AR技術を使った道路構造イメージ。復建調査設計株式会社が披露

出典:復建調査設計株式会社

これまでの施工確認はフォトモンタージュ(固定した視点場で撮影した写真に道路モデルを重ねる技術)やVRを活用した走行シミュレーション、3Dプリンターによる模型などで行われていましたが、どれも机上や室内での使用に限定されていました。本技術によって、現地映像と道路3Dモデルを重ね合わせた画像をその場で確認することが可能に。事業者と利害関係者との間で、道路構造の確認について円滑な合意形成を図れます。またARモデルは位置情報を有しているため、視点場の移動にあわせて画像もリアルタイムで変化するとのこと。

今後の展開として、同社は河川・砂防事業や、学生や若手技術者らの教育などへの活用を考えているほか、地上空間のみならず地下空間の「見える化」による事業促進への応用、生産性向上による労働時間削減などを目指しています。また、ドローンを併用した遠隔視認技術への活用も考えているとのことです。

ARGO編集部のひとこと

いままで現地映像と道路3Dモデルの確認が室内で行われていたのは驚きでした。AR導入で現地確認ができるようになれば、道路工事がスムーズに進みそうですね。今回の事例以外にも、建機の現場設置イメージが事前にわかるARメンテナンス業界の遠隔支援作業サービスなど、ARを使った工事現場での「見える化」が進んでいます。

INFO

関連リンク

  1. 建設通信新聞DIGITAL(2020年2月6日)
  2. 復建調査設計株式会社

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION