AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ARでレゴのモデルが動き回る!レゴ(R)ストア「 有明ガーデン店」「 mozoワンダーシティ店」が2020年4月オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

店内で完成モデルをAR体験できるサービス「デジタルボックス」が設置されたレゴ(R)ストアの新店舗が、2020年4月24日「有明ガーデン店」、4月30日「mozoワンダーシティ店」としてオープン予定です。

ARモデルが視聴できる「デジタルボックス」

出典:PR TIMES - 株式会社シナテックのプレスリリース

AR体験ができる「デジタルボックス」は、ディスプレイの前にレゴ(R)ブロックの商品パッケージをかざすと、完成モデルが3Dとなって登場します。レゴ(R)の小さな人形のフィギュア「ミニフィグ」が動き回り、物語を展開する演出もあるとのこと。過去には軽井沢の店舗でも設置されています。

日本初登場となる、レゴ(R)デュプロブロックを組み合わせた柱一面の造形「ブロックコラム」も展示予定です。

また、各店舗では店舗オープンを記念して、購入金額に応じたプレゼントキャンペーン企画なども実施されるとのこと。

ARGO編集部のひとこと

レゴ(R)関連では、以前も商品と連動したARアプリARクイズラリーがリリースされており、レゴ(R)の商品が織りなす世界観の演出やブランドイメージ戦略にARが役立っています。デジタルボックスは顧客体験の価値を向上させるだけでなく、店頭でしか体験できないサービスのため、来店促進に直結する施策となっています。 今後は、来店したお客様だけでなくプレゼントされた子どもやレゴ(R)好きのファンの方が自宅でも同じようにLEGOの世界観を楽しむことができるようになるといいですね。

INFO

関連リンク

  1. レゴ(R)ストア/レゴ(R)クリックブリック
  2. PR TIMES - 株式会社シナテックのプレスリリース
  3. PR TIMES - ベネリック株式会社のプレスリリース

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION