AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

巨大ARビルボードが都内に出現!ジョン&ヨーコの「WAR IS OVER!(IF YOU WANT IT)」を忠実に再現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ジョン&ヨーコのAR巨大ビルボード「WAR IS OVER!(IF YOU WANT IT)」が、2020年12月1日から都内各所に出現します。専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを指定のスポットでかざすことで巨大ビルボードやポスターがARで目の前に出現します。

ジョン&ヨーコのAR巨大ビルボード「WAR IS OVER!(IF YOU WANT IT)」は、約50年前にベトナム反戦運動が高まるなか、2人が世界平和を願い、世界中の主要都市12ヵ所に設置したビルボードやポスターを再現したもの。現代のAR技術によって、当時のビルボードのサイズや質感、雰囲気などが忠実に再現されています。

ジョン&ヨーコのAR巨大ビルボード「WAR IS OVER!(IF YOU WANT IT)」

出典:「DOUBLE FANTASY – John & Yoko」展 

「WAR IS OVER! IF YOU WANT IT(戦争は終わる あなたがそう望むなら)」という、ジョンとヨーコからのメッセ―ジと一緒にAR写真を撮って、たくさんの人に共有するアートに参加することができます。

今回の催しは、2021年1月11日までソニーミュージック六本木ミュージアムで開催されている展覧会「DOUBLE FANTASY -John & Yoko」のコンテンツの1つ。ARの巨大ビルボードやポスターが見られるのはソニーミュージック六本木ミュージアム、Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)、ユニバーサルミュージックジャパン本社(神宮前タワービルディング)の3ヵ所で2020年12月31日まで(Ginza Sony Parkは12月8日まで)実施されています。

今年は、ジョン・レノン生誕80年、12月8日は彼の40回目の命日となります。12月8日から10日までの3日間、会場の入口には献花スペースが設置され、自由に献花することが可能です。

ARGO編集部のひとこと

AR技術を活用することで、すでに存在しない歴史的な建造物はもちろん、偉人なども3DCGで現実世界に出現させることができます。自分の日常空間に表示できるため、ユーザーはよりリアルな体験をすることができます。ビジネスだけでなく、アートの表現として、ARを活用する例もとても増えています。

INFO

ARアプリ「XR CHANNEL」

関連リンク

  1. 「DOUBLE FANTASY – John & Yoko」展 

関連記事

PUMA×SLY

巨大ARロゴが目の前に! PUMA×SLYのビルボードが原宿に登場

心斎橋PARCOのビジュアルイメージ

ARを活用したデジタル展示イベントを実施!心斎橋PARCOが2020年11月にオープン

「Google Arts & Culture」

ARでアート作品や古代の動物などを自宅で鑑賞できる!「Google Arts & Culture」をやってみた


COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION