AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

これ、なあに?カメラをかざすと動物や乗り物が目の前に!ARを使って楽しく名前を覚えよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

株式会社アイデアクラウドは、2018年4月3日(火)より知育ARアプリ「AR これ、なあに?」の配信を開始しました。

本アプリはiOS11のARKitと音声認識機能を利用したスマートフォン向けの知育アプリケーションで、動物や乗り物を現実空間に配置し、それらの名前を音声で答えるというものです。動物や乗り物の3DCGが動いたり、後ろに回り込んで見ることができたりと、現実の世界に実際にそれらが現れたかのような感覚を味わうことができます。このような演出は子どもの好奇心をかきたて、楽しんで名前を覚えることができます。

アプリ「AR これ、なあに?」出題、回答画面。机の上にARの動物が表示

ARモードの他にもイラストでの出題モードもあり、ARを使うことが出来ない場合でも手軽に楽しむことができます。「どうぶつ」・「のりもの」・「たべもの」の3つの問題の種類が用意されており、出題中はマイクアイコンをタップするだけのシンプルな操作性となっており、子どもでも扱いやすいアプリになっています。

今後は、問題のラインナップやCGアニメーション、演出の増強、音声認識の精度の向上を進めていく予定です。また、親子で楽しみながら言葉を覚えられる新しい機能も開発中とのことです。

ARGO編集部のひとこと

本アプリではメイン機能のクイズ部分にARを取り入れたことで、CGで360度あらゆる方向から観察できることが特徴的。臨場感ある演出で、子どもたちにたくさんの興味をもたせられる知育アプリといえそうです。

INFO

ARアプリ「AR これ、なあに?」

【ストアURL】App Store(iOS)のみ対応

関連リンク

  1. 株式会社アイデアクラウド プレスリリース

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION