AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

【AR写真あり】スターバックス(R) チルドカップ「トリプルチョコレートラテ」のARカメラエフェクトを試してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本記事では、ARで遊べるスタバのチルドカップシリーズ「スターバックス トリプルチョコレートラテ」を購入し、InstagramのARエフェクトで遊んでみた体験レポートや写真に関してご紹介いたします。スタバのチルドカップ「スターバックス トリプルチョコレートラテ」では、Instagramで限定のARエフェクトが楽しめます。

こんにちは。ARGO編集部のタカハシです。

季節もすっかり寒くなって、街にはクリスマスムードが漂ってきましたね。 今年のクリスマスはなにをしよう…♪と、ウキウキするも、いまはコロナ禍ということもあり、自宅で過ごす予定の方も多いのではないでしょうか?

そんなおうちクリスマスを盛り上げてくれるのが、2020年11月に発売されたスタバのチルドカップシリーズの新商品「スターバックス トリプルチョコレートラテ」。

「スターバックス トリプルチョコレートラテ」の画像

出典:サントリー食品インターナショナル株式会社 ニュースリリース

クリスマス仕様のかわいいパッケージを見るだけでも気分が上がりますが、Instagramではパッケージのデザインに合わせたARフィルターで遊ぶことができるんです!

早速、試してみたいと思います。

まずは、Instagramのアプリをスマートフォンにダウンロードし、アカウント登録。スターバックスCPG公式Instagramアカウント(@starbucks_j_cpg)にアクセスして、プロフィール画面にある笑顔マークをタップします。すると、「Sparkle」「dot」「Ugly Sweater」「CandyCane」のパッケージのデザインに合わせた4つのARフィルターを紹介する画面が表示されます。

ARエフェクトを試せる「スターバックスCPG公式Instagram」のキャプチャ

わたしは、「CandyCane」のデザインのパッケージを購入したので、このフィルターで遊んでみます^^

「CandyCane」の画面を選択して、左下の「試す」をタップすると…、カラフルなステッキのARエフェクトが出現!

そのままパッケージを映すと、「JOY」の文字が登場しました~。かわいい!

「スターバックス トリプルチョコレートラテ」のARエフェクト

ステッキがくるくる回っているほか、人物で撮影すると頭の上に「JOY」が浮かぶので、映える写真になりそうです。

せっかくなのでもうひとつ、「dot」のARフィルターでも遊んでみます。同じく、左下の「試す」をタップして被写体を映すと…

「スターバックス トリプルチョコレートラテ」のARエフェクト

雪の結晶とやさしい色合いのドットがスマホの画面にひらひらと舞い落ちてくるARエフェクトが登場しました。ただでさえかわいい猫がさらにかわいく見えます^^

今回の被写体は我が家の猫でしたが、人物を映した場合は、「はーっ」と息を吐くと、吐いた息が白くなるというおもしろいエフェクトになっています。

そのほかにも、クリスマス仕様の着せ替えエフェクトや自分の頭の上にプレゼントのボックスが落ちてくるエフェクトなど、かわいくて楽しいフィルターが用意されています。自分もやってみて、ポストでみんなに見てほしくなりました!

スターバックスのARエフェクトは、1人ではもちろん、家族や恋人と遊んでも盛り上がること間違いなしのコンテンツとなっています。もちろんトリプルチョコレートラテの味はとってもなめらかで繊細!家にいながらもスタバにいるような贅沢な気分になれましたよ♪

それでは!

INFO

ARアプリ「Instagram」

関連リンク

  1. スターバックスCPG公式Instagramアカウント

関連記事

“スターバックス(R)

4種類のARフィルターで遊べる!スターバックス(R) チルドカップ「トリプルチョコレートラテ」が発売

“

ARで「Vibram ARCTIC GRIP」のグリップ感を体感! MERRELL公式InstagramのARフィルター

“クリスマス・ウインターシーズンを盛り上げるAR施策10選"

【AR×クリスマス・イルミネーション・イベント】ウインターシーズンを盛り上げるAR施策10選


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION