AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ARで浮世絵から猫が飛び出す体験を楽しめる!「もしも猫展」が名古屋市博物館にてスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ARで浮世絵師・歌川国芳が描いた猫が出現する企画などが楽しめる「もしも猫展」が2022年7月2日(土)~8月21日(日)まで名古屋市博物館で開催されます。本企画は歌川国芳が描いた猫の擬人化作品を中心に、江戸時代の擬人化表現の魅力に迫った展覧会で、浮世絵をはじめARやクイズ、音声ガイドなどさまざまな切り口から作品を鑑賞できます。

3つのARコンテンツを楽しめる「もしもAR」

ARで歌川国芳が描いた猫が出現する「もしもAR」体験方法

出典:特別展もしも猫展 公式サイト

ARは館内各所に設置されているパネルのQRコードをスマホでスキャンすると体験できます。ARコンテンツは「ようこそ!大歓芸AR」「きせかえ猫形(にゃんぎょう)」「猫に変身AR」の3つがあり、浮世絵から猫が飛び出す仕掛けや猫になりきれるARなど多彩なコンテンツが用意されています。

「もしも猫展」イベント概要

中京テレビ放送と名古屋市博物館が共同で主催する特別展。歌川国芳の浮世絵135作品を展示するほか、作品を見比べることで理解を深める「くらべるクイズ」、会場内にあるQRコードを読み込むとインターネット上で作品解説が聞ける音声ガイドを体験できます。

ARGO編集部のひとこと

展示イベントにARを設定することで、AR動画で作品解説をしたり、ARエフェクトによってまるで絵画が動いているかのような体験を提供できたりと、新しいイベント体験を提供することができます。本事例のような展覧会や美術館、博物館にARを取り入れ、企画の目玉として新規集客を図る事例は多く、こちらの記事では実際の活用事例を紹介しています。

INFO

イベント情報「もしも猫展」

開催期間:2022年7月2日(土)~8月21日(日)

開場時間:9時30分~17時00分(入場は16時30分まで)

場所:名古屋市博物館(愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1)

休館日:7月4日、11日、19日、25日、26日、8月1日、8日

観覧料:一般1,600(1,400)円、高大生1,000(800)円、小中生500(300)円

・( )内は前売および20名以上の団体料金。

・前売券は2022年7月1日(金)までお求めいただけます。

・高大生・中学生は学生証等を提示してください。

その他注意事項やチケット詳細はこちらから確認できます。

関連リンク

  1. 特別展もしも猫展 公式サイト

関連記事

ARで楽しめる木梨さんの作品「REACH OUT FLOWER」制作風景

ARで作品に参加し、変化を観察する!「木梨憲武展 Timing ー瞬間の光りー」でのARを活用した取り組み

ARでモネの名画を楽しめる「虎次郎と日本に来たモネ」体験イメージ

大原美術館の名画をARで体験できるイベント「虎次郎と日本に来たモネ」開催!大阪駅・京都駅・三ノ宮駅で体験可能

ARで浮世絵を楽しむ夏の特別企画「浮世絵に逃げた呪霊を祓え」特設ページ

ARで浮世絵を楽しむイベント「浮世絵に逃げた呪霊を祓え」開催!マスプロ美術館で夏の特別企画


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新着記事

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談