AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ギターを効率よく練習できるARアプリ「Wristruments」が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

米クラウドファンディングサイト「Kickstar」にて、ギターを練習できるARアプリ「Wristruments」が出資金を募っています。

スマートウォッチと連携してギターを練習できるARアプリ「Wristruments」

出典:VIVOLEARN

本アプリは楽譜やコードの表示のほか、振動によるメトロノーム、チューナーなど多彩な機能を搭載。またアプリを利用して複数のユーザーとシンクロし、バンド演奏も可能です。スマートウォッチにも対応しているため、手首に巻けば楽譜やコードを見ながら練習できます。

2019年9月現在、「Kickstar」にて出資金を募集しています。料金はサブスクリプション制で、1年間で29ドル(約3,100円)、2年間で49ドル(約5,300円)とのこと。締切は2019年10月10日(木)となっています。

ARGO編集部のひとこと

ギターはコードを押さえながら、楽譜を見なければいけないので、慣れればスムーズに弾けますが、初心者にはなかなかハードルの高い楽器のひとつです。ですが、ARアプリ「Wristruments」とスマートウォッチを併用すれば、楽譜やコードを見ながら練習できるので、独学でもギターの練習がスムーズになります。ARは写真撮影やスタンプラリーで使われることが多いですが、今後はこのような楽器の練習にも応用できそうですね。

INFO

関連リンク

  1. VIVOLEARN
  2. KICKSTARTER

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION