AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

万葉線株式会社が『鉄道むすめ』キャラクターの夏季限定ARフォトフレームを配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019年8月1日~31日までの間、万葉線株式会社は路面電車「万葉線」車内でインストールできる『鉄道むすめ』のキャラクター・「吉久こしの」のARフォトフレームを夏バージョンに更新したことを発表しました。

『鉄道むすめ』とは、鉄道に関する職場で働く女性をモチーフに、株式会社トミーテックが中心となって展開しているキャラクターコンテンツで、「吉久こしの」は万葉線株式会社で働く運転士です。

夏バージョン「吉久こしの」ARフォトフレーム

出典:万葉線株式会社

ARフォトフレームを取得するためには、車内に掲載するチラシから専用アプリ「ARnex」のQRコードをスマートフォンなどでダウンロードし、チラシ自体をスキャンすることで手に入れられます。

ARフォトフレームは2種類あり、8頭身の大型キャラはアイトラム(万葉線)の車両、2頭身のちびキャラは旧型車両がデザインされています。車内でダウンロードできるチラシを張り出すとのことです。

「吉久こしの」は今年の2月から配信開始され、人気を集めています。夏バージョン終了後は通常バージョンに戻されます。

万葉線総務課の中 瑞毅(みずき)氏は「夏限定のフレームなので高岡、射水両市の観光地をぜひ巡って、記念撮影してみてください」とコメントしています。

ARGO編集部のひとこと

ARフォトフレームのデザインは変更できるので、県外からの観光客だけでなく、『鉄道むすめ』ファンも取り組むことができます。フォトフレームだけでなく、最近ではARを使ったデジタルスタンプラリーもさまざまな地域で行われており、地域活性化の新ビジネスとして認知されつつあります。

INFO

ARアプリ「ARnex」

関連リンク

  1. 万葉線株式会社 リリース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION