AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

株式会社Automagi、ARを活用し荷物のサイズを測定できるシステムを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Automagi株式会社ではAR技術とAI技術を活用し、スマートフォンやタブレット端末で荷物を撮影することで荷物のサイズを測定できるシステムを開発しました。

荷物の三辺を測り料金特定が可能になる

出典:AMY INSIGHT | 人工知能/AIソリューション「AMY」

Automagi株式会社はAIソリューションシステム「AMY」を開発・提供していて、2020年12月からスマート物流を支援するスマホAIアプリケーション基盤技術をテーマに「物流・小売業界の人で不足」「ニーズの多様化とそれに伴う効率性の低下」を映像処理AI技術で解決するため研究開発を行っています。

このシステムでは物流作業で自動化・省略可が期待される荷姿のサイズ測定を画像認識を通じて実現します。撮影する端末側のAR技術とAI技術を活用し、スマートフォンやタブレット端末で荷物を撮影することで対象物の輪郭を自動的に取得します。 現在の測定システムの精度は現在直方体の定形荷物であれば90%以上の測定を実現していて、今後コンビニでの宅配収集や倉庫管理のためのマスターデータ測定、トラックドライバーの方の料金特定などに活用できると想定し開発中とのことです。

今後は非定形の荷物にも対象を広げ荷物の3辺の長さを検出できることを目指す予定です。 2021年にかけてスマート物流をさらに支援する基盤技術研究とアプリケーションの開発をすすめ、物流業界の課題・社会課題の解決を行うべく貢献していくそう。

ARGO編集部のひとこと

業務効率化のため、荷物のARを活用したサイズ測定が可能となりました。法人利用の業務効率化のシーンだけでなく、AR荷物サイズ計測は一般的な集荷などでも活用できそうです。 他にもARを利用してサイズ測定できるものとしては、ソーシャルディスタンスを測れる「Keep Distance Ruler」や足のサイズを測定できる「ZOZOMAT」などが挙げられます。

INFO

関連リンク

  1. 人工知能/AIソリューション「AMY」
  2. Automagi株式会社

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION