AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

デジタルピアノをARで試し置きできる!!CASIO「Privia PX-S1000」シリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カシオ計算機株式会社は、世界最小のスリムでスタイリッシュなデザインのPrivia PX-S1000シリーズが「AR対応」し、デジタルピアノの試し置きができると発表しました。

試し置きをするには、カシオのWEBサイトやカタログにあるQRコードをスマートフォンやタブレットのカメラで読み取ってPrivia PX-S1000シリーズの3色の中から、試し置きをしたいデジタルピアノをタップ。ARが起動して実際に試し置きをしたい空間にデジタルピアノを配置することができます。

表示されたARは、回転させてアングルを調整したり、平面を空間認識して自動で配置することも可能。また、シャッターボタンを使った撮影にも対応しています。WebARの機能を活用しているので、アプリをダウンロードすることなく試し置きができ、サイズや色がマッチしているかを確かめながら、ライフスタイルをイメージすることができます。

カシオは1980年1月の電子キーボード「Casiotone(カシオトーン) CT-201」発売から2020年で40周年を迎えます。

ARGO編集部のひとこと

デジタルピアノは楽器であると同時に部屋の空間のなかではインテリアでもあり、ユーザーの感性に刺激を与えるものです。カシオは、WebARを活用して「試し置き」をすることで、そうしたユーザーの多様なニーズに応えています。

ARを利用した「試着」体験は、ECサイトなどを中心に広まっており、家具・インテリアの分野では「Wowma!」「LOWYA」が導入しています。また、「制服」「腕時計」「メイク」など多くの分野でも広がりを見せています。

INFO

▽AR動作環境

対応OS:iOS 12.1以降

対応ブラウザ:Safari、Chrome、Firefox

 

関連リンク

  1. 電子楽器 AR - カシオ計算機株式会社
  2. Privia PX-S1000 - 製品情報サイト

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION