AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ARアプリで藤子不二雄Aのキャラクターを集めるイベントを富山県氷見市が開催!スマホに忍者ハットリくんや怪物くんが現れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ARアプリで藤子不二雄Aのキャラクターを集めるイベントと謎解きラリーを楽しめるスタンプラリー「ひみぼうずくんのハッピーチャレンジ」を富山県氷見市は2020年9月19日(土)から2021年3月31日(水)まで実施しています。

謎解きラリー「ひみぼうずくんのハッピーチャレンジ」特設サイトのスクリーンショット

出典:謎解きラリー「ひみぼうずくんのハッピーチャレンジ」特設サイト トップページ

本企画は専用アプリ「COCOAR」をスマホにインストールし、氷見市内に設置されたARマーカーにスマホをかざすと、画面に藤子不二雄A氏が描く人気キャラクター「忍者ハットリくん」や「怪物くん」などのAR画像を取得できるというもの。ARスポットは合計7ヶ所(JR氷見駅、市漁業文化交流センター、ひみ番屋街、市潮風ギャラリー、市海浜植物園、北の橋、中の橋)あり、獲得できるキャラクターは全10種類。ARスポットをめぐり、すべてのキャラクターを集めると特典画像がもらえます。

なおゲットしたキャラクターは期間中、アプリの履歴内からいつでも表示できるほか、AR画像と一緒に写真撮影をすることも可能です。

同時開催の謎解きラリーはJR氷見駅、市漁業文化交流センター、ひみ番屋街、市潮風ギャラリーの4ヶ所に掲示されている「謎」を解いていくという企画。専用のラリーシートに回答を記入し、潮風ギャラリーに提出すると先着1万人に特製ステッカーがプレゼントされます。またキャラクターグッズと氷見市の特産品が当たる抽選会にも参加できるということです。

本企画に携わった市観光交流課の金城美鈴主事は、「謎解きをしながら、氷見の街中を巡って、氷見の良さを知ってほしい」とコメントしています。

ARGO編集部のひとこと

富山県氷見市はマンガ界の巨匠・藤子不二雄A氏の出身地ということもあり、藤子不二雄A氏のワールドを堪能できる関連施設を数多く備えています。そこで本企画のような回遊型のAR企画を実施することにより、作品ファンの来訪を促し地域活性化を図ることが可能です。このようなAR×アニメを活用した町おこしの事例は数多くあり、周辺施設に高い経済効果をもたらしています。

INFO

ARアプリ「COCOAR」

関連リンク

  1. 謎解きラリー「ひみぼうずくんのハッピーチャレンジ」特設サイト

関連記事

マイARが手に入る東京ミュウミュウオーレのスタンプラリー

限定ARをお店で手に入れよう!『東京ミュウミュウオーレ』第2巻発売記念ARキャンペーン&デジタルスタンプラリー

「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2020」メインビジュアル

ARスタンプラリーでウルトラマンと福島を巡ろう!「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2020」開催決定

ARスタンプラリーとオリジナル宿泊プランがメインイベントの「頭文字D」連載25周年企画「頭文字D PROJECT.D in Gunma」の描き下ろしイラスト

ARスタンプラリーで「頭文字D」の聖地巡礼をしよう!連載25周年企画開催


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新着記事

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談