AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

AR地球儀「ほぼ日のアースボール」に新コンテンツの「月」が登場!「うさぎ」の形がひと目で分かる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

AR地球儀「ほぼ日のアースボール」に新コンテンツの「月」が追加されました。新ARコンテンツは、タブレットやスマートフォンのアプリをかざすと、「ほぼ日のアースボール」が「月」に変身。なかなか見ることのできない月の裏側や、月に描かれているうさぎの形などが確認できます。

AR地球儀「ほぼ日のアースボール」に新コンテンツの「月」が登場

出典:ほぼ日 プレスリリース

そのほか、本コンテンツでは、ARで月の地名、地形、月と地球の大きさ比べができ、実際にアースボールを動かしながら、あらゆる角度で月を学べます。また、アポロ計画のときに着地した地点や、活動の詳細情報も知ることができ、月にまつわるさまざまな情報を楽しむことが可能です。

ほぼ日のWebサイトでは、リリースに合わせて、監修者の国立天文台副台長・渡部潤一氏による、月や宇宙にまつわる読みものも公開。一緒に楽しむことで、より月への理解を深められるようになっています。

AR地球儀「ほぼ日のアースボール」の新コンテンツ「月」では、うさぎの形などが確認できる

出典:ほぼ日 プレスリリース

20種類のARコンテンツを公開中

現在、「ほぼ日のアースボール」は、地球の気象分布が確認できる「いまの地球」や、各国の基本情報が分かる「世界の国々」など、20種類のARコンテンツを配信しています。 優れた文具に贈られるアワード「日本文具大賞 2021」では、機能部門のグランプリを受賞。2020年11月のリニューアル発売から累計販売個数は7.5万個を突破しています。

ARGO編集部のひとこと

本コンテンツは、ARを利用して月の表側から裏側まで360度、球体で月を楽しむことができます。実際の月の表面を間近で観察することはできませんが、ARを活用すれば手元で好きな方向から確認でき、子どもの印象にも残りやすくなるでしょう。また、アプリを使って体験するので、ゲーム感覚で集中して学ぶことができるのも魅力のひとつです。

INFO

ARアプリ「ほぼ日のアースボール」

商品情報 「ほぼ日のアースボール」

価格:3,960円(税込)

販売場所:ほぼ日ストア(WEB)、Amazonほか、東急ハンズやLOFT、丸善等、全国の文具店、書店、百貨店、玩具店など

関連リンク

  1. ほぼ日のアースボール

関連記事

ほぼ日がAR地球儀「アースボール」を使いたいクラスを募集中

ほぼ日がAR地球儀「アースボール」を使いたいクラスを募集中!

AR地球儀で宇宙を学べる「ほぼ日のアースボール×TeNQ 2021 SPRING -地球と宇宙のこと 遊びながら学ぼう-」開催

AR地球儀で宇宙を学べる!「ほぼ日のアースボール×TeNQ 2021 SPRING -地球と宇宙のこと 遊びながら学ぼう-」開催

ARでリアルに火星を学べるAR火星儀「Orboot Mars Interactive AR Globe」発売

ARでリアルに火星を学べるAR火星儀「Orboot Mars Interactive AR Globe」発売!スマホをかざすと立体映像が浮かび上がる


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談