AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

IZ*ONE(アイズワン)、AR/XR技術を活用したオンラインコンサート「ONEIRIC THEATER」を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

AR/XR技術を活用したオンラインコンサート「ONEIRIC THEATER」を、2020年9月13日(日)に日韓合同のグローバル女性アイドルグループ「IZ*ONE(アイズワン)」が実施しました。

IZ*ONE ONLINE CONCERT [ONEIRIC THEATER]のキービジュアル

出典:IZ*ONE ONLINE CONCERT [ONEIRIC THEATER]チケット情報告知ページ

本公演はIZ*ONEとWIZ*ONE(IZ*ONEのファンネーム)が望んでいた物語が現実になる「ONEIRIC THEATER(幻想劇場)」というコンセプトで実施。「TWELVE RAINBOW ISLAND」「STARLIGHT ISLAND」「FLOWER GARDEN ISLAND」「SKY ISLAND」の4つのテーマにあわせ、AR/XR技術を用いてメンバーがさまざまなシチュエーションに登場したような演出が随所に盛り込まれました。AR/XR技術を用いたオンラインライブの試みはグループ初とのことです。

韓国ではAR/XR技術を活用した有料オンラインコンサートが活気を見せています。2020年4月26日(日)には韓国の男性アイドルグループ・SuperMがオンライン専用コンサート「Beyond LIVE(ビヨンド ライブ)」を行い、メンバーが踊っている途中に2頭の虎が大型画面から飛び出すAR演出や、楽曲の世界観に沿ったAR装飾などが導入され、オンラインコンサートを盛り上げました。世界初のオンラインライブということから注目度は高く、動員数は世界109カ国、約7万5千人を記録しました。

日本でもKDDIABEMAがオンラインライブのプラットフォームを立ち上げており、すでに有名アーティストのライブも開催されています。コロナ禍における新しいエンターテイメントの在り方として、これからもますますオンラインライブの需要が増えることが予想され、AR/XR技術の活用が期待されます。

ARGO編集部のひとこと

新型コロナウイルス感染症の影響で、会場で行われる音楽ライブや演劇、スポーツイベントの中止や延期が相次ぎ、エンターテイメント業界は苦境に立たされています。オンラインライブを活用することで、新たな収益源の確保につながるのではないでしょうか。感染症対策でオンラインに「するしかない」のではなく、新しい表現の活用やアーティストの姿をより近く見ることができるなど、オンライン「だからこそ」の利点を生かした活用も期待されます。

INFO

関連リンク

  1. IZ*ONE JAPAN OFFICIAL SITE

関連記事

新感覚の観客参加型ライブ 「未来 × SPWN AR LIVE -into the Virtual World-」のライブ映像スクリーンショット

ARで背景を一瞬でチェンジ!新感覚の観客参加型ライブ 「未来 × SPWN AR LIVE -into the Virtual World-」が開催

フル3DCGで作られた「ABEMAアリーナ」のイメージ

ARや3DCGを駆使したDa-iCEのオンラインライブ!「ABEMAアリーナ」の第1弾アーティスト

AR Artist KENTOによるオンラインライブのスクリーンショット

AR Artist KENTOによる世界初のオンラインライブ!ARをリアルタイムで生み出すYouTube LIVE


COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION