AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

GoogleマップのARナビゲーション「ライブビュー」機能がアップデート!ランドマークやグローバルローカライゼーションでナビゲーションがさらに便利に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

GoogleマップのARナビゲーション機能「ライブビュー」に、ランドマークとなる建物や公園が自動で表示されるようになり、現在位置の把握がよりわかりやすくなりました。「ライブビュー」の拡張機能である本機能は、Google Mapsの公式ブログで2020年10月1日(木) に公開されています。

ランドマークが登録され、目的地までの道をあわせて紹介してくれる

出典:The Keyword

日本では東京、大阪、京都でライブビューが利用できるように

Googleマップのライブビューでは、近日中にiOSアプリで以下の地域のランドマークが見られるようになる予定です。

東京、大阪、京都、アムステルダム、バンコク、バルセロナ、ベルリン、ブタペスト、ドバイ、フィレンツェ、イスタンブール、クアラルンプール、ロンドン、ロサンゼルス、マドリッド、ミラノ、ミュンヘン、ニューヨーク、パリ、プラハ、ローマ、サンフランシスコ、シドニー、ウィーン

乗り換え案内からライブビューが利用できる

これまでGoogleマップでは徒歩や自転車、交通機関など、さまざまな交通手段を活用し目的地までのナビゲーションが可能となっていました。今後はさまざま交通手段とライブビューを組み合わせて目的地までナビゲーションできるようになります。

例えば、乗り換え案内を使用して駅の地下通路を出た後、ライブビュー機能を活用し目的地に向かって徒歩でどう進めばいいか、がわかりやすくなります。

乗り換え案内で出口をでたあとライブビューで駅から目的地までスムーズに行くことができる

出典:The Keyword

より正確にランドマークの位置を設置

Googleマップのライブビュー機能の強化のため、グローバルローカライゼーションの改善を行ったとしています。GPSを利用した位置情報精度と方向だけでなく、VPS・ストリートビュー・目的地と比較してより良いナビゲーションの提供を強化したとのこと。

ユーザーの場所の高度・標高も考慮し、目的のピンの位置をより正確に表示可能となりました。

ユーザーがみる高度が異なっても正しい場所にピンが表示できるようになった

出典:The Keyword

ARGO編集部のひとこと

2019年8月にリリースされたライブビュー機能のアップデート版です。これまでは徒歩ルートのみでのライブビュー機能の提供でしたが、今回の発表で徒歩や電車での交通手段も含めてライブビュー機能を使うことができ、さらに便利になりました。今後は友達と会う時に使える現在地の共有などもできるようになるとのことです。今後の正式リリースにも期待が寄せられています。 

INFO

関連リンク

  1. Google The Keyword-map

関連記事

ARナビでもう迷わない!Googleマップの「ライブビュー機能」

ARナビでもう迷わない!Googleマップの「ライブビュー機能」

ナビ・マップ×AR まとめ7選

ナビ・マップ×AR まとめ7選

ARナビゲーションの矢印の方向に進むだけ!海外旅行お助けアプリ「PinnAR」が配信開始"

ARナビゲーションの矢印の方向に進むだけ!海外旅行お助けアプリ「PinnAR」が配信開始


COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION